暁杜

るろうに剣心 蒼紫巴 蒼操 小説ブログです。

爪牙 (三)

巴はその茶店の座敷に通されると、すぐに三味線を弾くように言われた。

巴以外にも二人ほど、容貌の目立たない女がお囃子をたたいていた。

巴は集まっている男たちを眺めた。

いずれも浪士風の者ばかりだが、車座になって密談をしていて、酒を盛んに注ぎあっている。

その中の一人の男が、巴に目配せをした。

「おい。そこの女。三味線はもういい。こっちに来て酌をしろ。」

巴ははっと驚き動揺したが、すぐに面を伏せて、両脇の芸子に目礼をすると、銚子を手に取って男たちに酌をしだした。

男の中の一人が、自分の顔に目を注いでいるのがわかった。

男は言った。

「こうして近くで見ると、なかなかいい女じゃないか。名はなんという。」

「巴と申します。」

言ってから巴はドキリとした。

男が、巴の着物の袂から手を差し入れてきた。

巴はうつむいて、男の手をじっと我慢している。

と、横に座った男が言った。

「本田殿、その辺にしといたほうが。こいつは客をとる女じゃねぇ。」

「なんだ。俺のすることに水を差すのか。」

「いや・・・こいつはそんな、おとなしい玉じゃねぇですからね。」

と言うなり、いきなり巴の腕を取った。

男はやはり飯塚だった。

飯塚は巴のあごを手でつかんで引き寄せて言った。

「あんたは雪代巴だろう。俺はあんたの旦那と会ったことがあるんだ。あんたはそれを、こそこそかぎまわっているらしいな。」

巴は必死で言った。

「な・・・・何をなさいます。」

「俺たちのする事を、幕府に言いつけるつもりなんだろ。そうはいかねぇぜ。」

巴は飯塚の手からぱっと逃れると、三味線を手に取った。

柄のところを巴は勢いよく引き抜いた。

短刀が現れた。

ひぃっ、と横に座った芸子たちが悲鳴をあげた。

巴は護身のために短刀を構えながら、きついまなざしで飯塚たちに言った。

「言いなさい。どうして清里に仕事を頼んだのですか。」

「どうして?そりゃ仕事の口があったからだろ。」

「何か裏があって仕事を持ってきた・・・奉行所の方々はそう申しておりました。あなた、私と奉行所へ行きなさい。」

「は?奉行所に行きなさい?こりゃまた俺に命令ですか。あんた、俺がアッサリそんなところへ行くと思ってんのか。」

巴は飯塚がスラリと腰の刀を抜くのを、肝が冷える思いで眺めていた。

───でも・・・・でも・・・でも・・・・・!

巴は震える手で刀を握り締めている。

ほかの男たちも、飯塚にならって刀に手をかけた。

と、その時。

ひょう、と何か鋲のようなものが空間に飛んだ。

男の一人の眉間にそれは当たった。

「うおっ。」

思わず男が前にのめり倒れこんだ。

「こっちだ。早く。」

窓の外から声がして、二三人の者が入り込んだのを見た気がしたが、巴は見返す暇もなく命からがら外に駆け出た。

茶屋の飯炊き用の裏門を出ると、人気のない小道の先に、一人の老人がちょうちんを持って立っているのが見えた。

蓑笠をかぶり蓑を着て、その下に丹前が少し見えていた。しかしその老人は、害意のないように巴には見えた。と、その老人が「こっちに来い」というように巴に目配せをした。

「あ、あなたは。」

巴が息せき切って駆け寄ると、その老人は口に細い吹き矢のものを加えて、何か鋭い音のするものを吹いた。

それは、巴を追ってくる男たちの目や鼻に次々と当たった。

追ってきた飯塚たちほか二名の武士が叫んだ。

「てめぇ、何しやがるっ。」

老人は吹き矢を口から離すと、重々至極という調子で言った。

「そこまでにしとくんだな。この女を追い詰めるのが、おまえさん方の役割じゃろう。わしは、女を助ける役割りじゃ。」

飯塚の隣の男がにらみつけて言った。

「聞いてないぞ・・・・。貴様、俺らの邪魔をしようって言うのか。」

「邪魔などはせんよ。これからも幕府の人間を京に送り込んでは、長州などの暗殺者に斬らせるんじゃな。それでおまえさん方の『おあし』が出ることについては、わしは何にも言わん。ただ、この女はここに置いておきなさい。これはおまえさん方が目をかけてはならん女じゃ。」

「じじい、指図をするなっ。」

飯塚は老人に斬り付けた。

だが、老人はポン、と夕陽に飛んで、飯塚の剣を腰の剣で斬り抜けると、何か飯塚たちに向かってふわりと投げた。

「なっ、なんだこれは。」

飯塚は急に手足が自由にならず、闇の中でもがいた。

老人は得意そうに言った。

「ふふふ、昔取った杵柄じゃ。それは拙僧の投げた霞網じゃ。それから抜け出るには、半刻ばかりの時間がいるわい。さ、あんたはわしと一緒に来なさい。いいな。」

と言い、もがいている飯塚に手裏剣を一個ほうって巴に向き直った。

老人の言葉に、巴は声もなくうなずいた。そしてああやはりと思った。昔読本で読んだ者にそのような者がいると聞いたことがあった。母に幼い巴は本から顔をあげて「果心居士とはなんですか?」と聞いた。母は「そういう不思議な人がいたそうですよ。」と言った。そして庭の干し物を広げながら、重ねて言った。「戦国の世には忍者がいたそうです。今の平和なお江戸にはいませんけどね。」と言った。

老人は細い木の板が渡してある、お葉黒どぶ横の掘割を渡りながら、巴に尋ねた。

「まだ走れるかね?」

巴は「はい」と言った。老人はそれを聞くと、巴ににこやかに笑った。

「では走ろう。隅田川の水運から逃げる算段じゃ。行こう。」

と言った。巴はほっとした。しかしその吉原から隅田川まで続く斜めの道を老人について走りながら、逃がしてもらえるのだろうかとも思った。その時、浅草不動院の夕刻を告げる鐘が鳴った。

広告を非表示にする