暁杜

るろうに剣心 蒼紫巴 蒼操 小説ブログです。

爪牙 (一)

黒の着流しを着た浪人姿の侍が、肩で風をきって江戸吉原の一角の茶屋に入って行った。

腰の刀を男衆に預けると、浪人は物慣れた様子で、座敷にあがった。

ぼんぼりが開け放した廊下に向かって灯っている。

緋毛氈を敷いた上に、客の「なじみの」妓が、いた。

「よう。久しぶりだな。」

言うなり浪人はどっかりとあぐらをかいて座った。

その前に、きらびやかな衣装の妓が手をついて言った。

一の太夫ではない。しかし、それなりに箔のついた身なりだった。

「志々雄さま、ようお越し。お待ち申しておりましたえ。」

「由美、元気にしていたか。酒。」

杯をつき出すのに、由美と呼ばれた女はなみなみと酒をついだ。

志々雄真実と由美であるが、後年十本刀を擁したときの面影は、まだ二人にはない。

志々雄はまだ若く、その顔は整っており、頭はそりあげて髷を結っている。

由美も年増の色気よりもまだ、若さが目立つ様子だった。

その二人が酒盛りを始めると、すぐに音曲を担当する芸子らが、下の席で三味線を引き出した。

音の音色が何か暗い。

由美は少し気になって、そちらの方を見た。

いつもの芸子ではない。が、気にもとめずに由美は志々雄にしなだれかかった。

「志々雄さま、私、落籍したいのです。」

「ん?その話か。それにはまとまった金がいるだろう。俺は京に上ることにした。」

「まあ、京にですか。」

「京では土佐勤皇党が、ばさばさ人を斬っていやがるところだ。俺のような浪人者には、もってこいのところさ。近頃は長州の連中も、天誅に加わっているらしい。幕府も大変だな。」

「志々雄さまは、幕府と勤皇と、どちらの味方なんですの?」

「俺か。俺は強いほうの味方さ。まあ攘夷派だな。幕府はもうとっくに屋台骨がいかれている。」

杯をなめながら言う志々雄の瞳には、冷酷な光が灯っている。

───こわいお人。何人でも斬るおつもりね。

と、由美は思いながら、酌をしながらささやいた。

「土佐に・・・つくのですか。」

「ん?それは聞くだけ野暮というものだろう。」

「そうですわね。失礼しました。」

「まあ行ってみなくちゃわかんねぇさ。」

志々雄はそう言うと、ひとしきり笑った。

と、その時だった。三味線の弦が切れたような音がした。

「・・・・あんた・・・!」

由美の顔が険しくなった。

由美は音をはずした芸子に向かって、しかりつけた。

「新入りだね。ろくに三味線が弾けやしないのに、こんな上座にまでのぼってきたのかい。」

芸子は消え入りそうな声であやまった。

「すみません・・・・。」

「あんた、何か暗いねぇ。もっとぱーっとしなさいよ。酒の席なんだから。」

「はい・・・・すみません。」

すると音をはずした芸子の横についていた、もう一人の芸子がなだめるように小声でつぶやいた。

「巴ちゃん、気にせんでええの。」

「はい。すみません・・・。」

二人は三味線の演奏を、何事もなかったように続けた。

すぐに由美は忘れて、目の前の志々雄との楽しいひと時のほうに没頭した。

 

                                         

 

「君菊さん、ごめんなさい、つい爪がすべってしまって。」

宴がはねた後、廊下を歩きながら巴はまた、先輩の芸子にあやまった。

「いいのよ。あんた気になったんでしょう。土佐勤皇党。」

「えっ。」

巴はどきりとして、目を見張った。

その藤色の小袖の上の顔は、驚くほど白かった。

君菊は髷をかんざしでいじくりながら、言った。

「身につまされるのよ。あんたの弾く三味線を聞いているとね。男を───京で殺されたんだろう。」

「はい・・・・・。ご存知なんですね。」

「そりゃあんたの仕事を世話した時に、聞いているからね。武士の娘なのに、吉原で三味線弾きかい。」

「弟を育てるためなんです。」

「それだけとは思えないねぇ。あんた、その男のこと、捜しているんだろ。わかるんだよ。」

「・・・・・・・・。」

「どうやって殺されたか。殺したのは誰か。奉行所はあんたに何も言わなかったのかい。」

「ごめんなさい。そのお話なら、いずれまた───。」

「あっ、ちょいとお待ちよ。」

巴は面を伏せると、廊下を後にした。

 

 

巴は思った。

 

たずねている。

確かに私は、たずねている。

京で、婚約者の清里を殺した者を───。

まず、清里を京にのぼらせた男を見つけ出さないと。

そうしないと、あの人が浮かばれない。

たとえあの人が───私を乱暴に抱いて、江戸に捨てて行ったのだとしても───。

 

巴は心細さに三味線をかき抱いた。

その軸には、仕込み刀が入っている。

短刀が柄のところに入っているのだ。

なんて悲しい音色だろう。この三味線の音色は。

巴が、音曲と武芸のたしなみが少しあるというのを見て、奉行所は巴をそのような間者に仕立てたのだ。

断ることはできなかった。

巴を守ってくれる、巴の父も母も今はもういない。弟と二人きり───そこに、奉行所はつけこんだのだ。

ただし、まだ巴は真の闇の者ではなかった。

そのような者が闇にうごめいていることも知らず、巴はただ短刀一本で、清里が消えた消息をつきとめようというのだった。

───土佐勤皇党。もしくは、長州の者。

今志々雄がもらした言葉が、かすかな手がかりだった。

───京に、のぼらねばならないのだろうか。縁をどうしよう。

巴は不安なまま、鳥追い女の姿になって、吉原の大門の下をくぐった。

広告を非表示にする