暁杜

るろうに剣心 蒼紫巴 蒼操 小説ブログです。

にび色の空が何処までも広がっている先に、一羽の鷹のはばたきがあった。

鷹は、まだ歳若い少年の手から中空に放たれたのであった。

少年は藍色の庭着のようなものを着て、高く髪を後ろに結わえていた。

その様は、遠目にも白く、すらりと浮き立って見えた。

「殿、いかがでございます。このほどの鷹狩りは・・・・。」

「うむ。苦しゅうないぞ。鷹もほどよく慣れている。御庭番衆は、よい仕事をしているな。」

「御意にござります。」

四方にむかって張られた天幕の中心の椅子に、将軍は腰掛けている。

それは、蒼紫らが仕える江戸幕府の御代様である。

しかし、その面前に出られる機会は、このような鷹狩りなどの時よりほかにはない。

将軍のそばには相談役がいて、蒼紫らの様子を逐一伝えているのである。

鷹狩りをすると言っても、将軍自らが行うのではなかった。将軍は腰掛けたまま言った。

「あの鷹を扱っている者はまだ少年だな。なぜあのような者に扱わせるのだ?」

将軍が珍しく、質問をした。

あわてて相談役が走って行き、蒼紫のそばに立つ御頭に言葉を伝えて戻ってきた。

「おそれながら、もっとも御庭番衆内で今、才能がある若者らしい、ということでございます。」

「ほう。まだ十四五六ほどではないか。余は話をしてみたい。」

「め、めっそうもござりませぬ。あのような下賎な輩は、将軍様の身辺には近づけることはできませぬ。」

「ふむ。そうか。名はなんと申す。」

相談役がまた走って行って戻ってきた。今度は息を切らしていた。

「四乃森、蒼紫、という名でございます。」

「ふむ。四乃森。お取り潰しになった御家人にそのような名の者がいたような・・・・・?はて、余の思い違いか。」

蒼紫はその様子を遠くから眺めていた。

自分たちを支配してやまない存在───将軍家。

自分は武士の地位を剥奪されて、今は下人として生きている。

そう叫びたい気持ちを、蒼紫は抑えていた。

言ったところでどうにもならない。

どうにもならない壁が、自分とあの将軍の間には、ある。ありすぎる。

「蒼紫、行ったぞ。」

老人の言葉に、犬たちがほえて行く先に向かって、蒼紫は走りながら、すばやい動作でまた鷹を放った。

それは鷹とほとんど一体となったかのような見事な動きだった。

鷹の世話をするのは、蒼紫は好きだった。

そのような生き物の世話をするのは、心があたたまる。

敵に対して刃を向ける時に比べ、どれほど心がやすらぐだろうか───。しかし、蒼紫はそのことを決して御頭である老人には告げなかった。

そうしたことを告げると、自分は今のやや安泰とした地位を剥奪され、御庭番衆から追放されるかも知れないからだ。

安寧を夢見ることは、禁じられていた。

ただ、どんなに苦しくても自分は自分の今の道を進むだけだと思った。思っていた───その日までは。

「鷹狩りは見事に仕事をこなしたようだね。」

蒼紫は今、将軍のいた草原からはるかに離れた、忍びの里の一角の番屋に座っている。

目の前に囲炉裏の炎が燃えていて、その前に朱の唇を引き結んだ「月の輪の宮」、笹葉霞(ささ・はがすみ)が蒼紫と向かい合って座っていた。

葉霞は、女忍者たちの統率者である。

長い黒髪をした、絶世の美女と言っていい。

そして───。

「おまえ、幾つになった?」

葉霞が朱唇をひきあげて聞いた。

「かぞえで十五になります。」

「それなら遅いぐらいだねぇ。女を知るのは。」

葉霞は目を細めた。

目の前の少年は、まるで自ら光輝く玉のようだ。

───ほんとうに、美しい、少年ね。

葉霞は手を伸ばして、蒼紫の髷に触った。

「私と寝たら、この髷は落とすんだよ。」

蒼紫の表情が、険しくなった。

「なんだい?まさか武士の鑑とかまだ思っているんじゃあないだろうねぇ。」

その一言、一言が蒼紫の神経を逆撫でするようだった。

しかし拒絶や抵抗は許されないのだ。

蒼紫は、あの老人の命で今ここに来ているのだ。

───この者は、母上とは違う。

蒼紫の必死の抵抗する思いは、今それだけであった。

そうして目の前の女を否定したいのだが、女は赤い唇を開いて、蒼紫にとろりと絡み付いてきた。

「最初なんだろ?やさしくするよ。」

葉霞はふふふ、と低く笑うと囲炉裏の火を落とした。

蒼紫は逃れられない腕の下で、ただ運命というものは暗澹としたものだと、感じていた。

広告を非表示にする