暁杜

るろうに剣心 蒼紫巴 蒼操 小説ブログです。

散華 四

京に上ってから、巴は日記を付け出した。

ひとつは任務のため、もうひとつは自分の気持ちを見つめなおすためであった。

だがしかし、巴は御庭番衆のことや、蒼紫のことについては何ひとつ書かなかった。

いつかこの日記を、抜刀斎が見るかも知れない・・・・・そう思った巴は、書くのをやめたのであった。

緋村という男は、話にあるとおり、少年と言ったほうがいい剣客で、巴はすぐに彼に慣れた。

―――子供。

抜刀斎について、巴が思ったことはそれであった。

まだ、何者についても、よくわからずに剣を振るっている少年。

このような少年に清里は殺されたのだ。

そう思うと、巴にはすべてが取り返しのつかないことに思われた。

桂小五郎の提案するままに、大津の山里に身を隠した巴は、抜刀斎と本物の夫婦になった。

―――さようなら、私の愛した二人目のあなた・・・・・・・・・・・・・。

巴の心に、しずかに雪は降り積もっている。

あの方は私を愛さなかった。どんなに私が愛していても―――あの四乃森蒼紫という人は。

清里も、抜刀斎も私の体を抱いたのに――――。

そう、私はそれを知っている・・・・・それは愛ではないと。

それは愛ではない、ともう一人の私が私に諭している。

巴は今、静かに雪を踏んで、闇の武のアジトに向かっていた。

追ってくるだろうか―――あの緋村抜刀斎は。

人を斬るにそぐわないやさしさを秘めたあの剣客は―――。

私は、と巴は思った。

手近なやさしさに身をひたしてしまいました。敵なのに、私を守ると言ってくれました。

そのやさしさに私は今、殉じたい・・・・・・・・・・・・・。

それから月日は流れた。

蒼紫は観柳の屋敷にひそんでいた。

あの女―――雪代巴が抜刀斎の妻に納まった、という話を聞いた時、蒼紫の心にあったのは失望の念であった。

女とは、そうしたものなのか。

夫婦となり、三ヶ月は一緒に暮らしていたという。

自分の婚約者を斬った男と―――確かに雪代巴は、婚約者の清里をこころよく思っていないことを、あの時自分に告白していた。

しかし、と蒼紫は思うのだった。

それでも自分の婚約者ではないか。

自分はあの時、抜刀斎の寝首をかくこともできるだろう、との含みをもたせてあの懐剣を与えたのだった。

巴はそんなことをする由もなく、三ヶ月以上も抜刀斎と平安のうちに暮らしていたという。

蒼紫はそれを思うと、自分の思いを汚されたような気がするのだった。

そして、だからこそ、あの緋村抜刀斎を自分は許すことができない、と思った。

雪代巴のことはそのきっかけに過ぎない。

何人の幕府方の人間をあの男は簡単に切り捨てたことか。

―――来るがよい。

自分は一度だけ幕末に抜刀斎と戦ったことがあった。

その時は抜刀斎に敗れた。

今回もまた敗れるかも知れぬ。しかし、俺はあの男と戦ってみたいのだ。

そしてまた月日は流れ・・・・・・。

「これ、薫さんがほしいって言った日記だよね、巴さんの。」

操は巴の古びた日記をかかえて叫んでいる。

「ああ。」

とだけ、蒼紫は答えた。

操に言うべき言葉は見つからなかった。

自分の思いを裏切った女の日記だ、とはいかな蒼紫といえども言えるセリフではない。

これから東京まで操とともに旅をする・・・・・。

あの頃の自分では思いもよらなかった出来事だった。

今は許されて、操のそばにいる。

いつもおまえのことを思っていたよ。

けしてそれは言葉にしてしまえるのではなく。

―――操、おまえは俺の母のように・・・・・・・・・・・・・・。

蒼紫は思った。

それを自分は操に告げなくてもいいのだ。

なんと長い道のりであったのだろう。

操は何も知らず、ただ無心に自分の名を叫んでいる。

「蒼紫さまーっ、はやくーっ。」

その姿を蒼紫は胸に刻み付けた。

ずっとおまえのことを祈っていたよ・・・・・。おまえが俺を知らないうちから・・・・・・・・・・・・・。

この幸せを壊したくない。

そう、だから巴も抜刀斎との平穏な日々を選んだのだ―――俺はそれを責めることはできない、今は・・・・・・・・・・・。

蒼紫は操を追って、寺の階段をゆっくりと下りていった。

―御影華・完―

広告を非表示にする