暁杜

るろうに剣心 蒼紫巴 蒼操 小説ブログです。

元治元年春 四

巴は御庭番衆預かりとなったが、当面はまだ、預かり置きの状態であった。

巴が危惧したようなことは、当座の間はなかったのである。

ただ、九ノ一としての簡単な心得、あまりしゃべらないこと、行った家屋をよく観察することなど、の訓練とも呼べないほどのことを訓練された。また、護身術なども教わったが、これも武家の娘として巴が知っている最低のことと同じであった。

―――私の女としての部分を使えという、お奉行の言葉は何だったのかしら・・・。

巴は数名の下働きの女たちと、御庭番衆屋敷内の家事炊事などをするようになった。

だがしかし、巴の運命はやはり回りだしていたのだった。

巴の知らないところで、それは起きていたのだ。

その日、蒼紫は後に先代御頭と呼ばれることになる、老人―――つまり、この時点での御庭番衆の御頭に呼ばれて、茶室で茶をたてていた。

蒼紫はまだ「若頭」であり、配下の者には「若」と呼ばれていた。

まだ春の遠き日、雪も残る寒い午後であった。

御頭は蒼紫のたてた茶を満足げに呑むと、丁寧に懐紙でぬぐった後、こう言ったのだった。

奉行所から回ってきたあの女、おまえはどう思う。」

蒼紫はにべもなく答えた。

「あのような者にいかほどの大役が務まるのでしょうか。任務を果たして帰ることもままならぬと思います。何故あのような者を。」

「ふ、きつい言い草だのう。おまえは相変わらずだ。」

蒼紫はお手前の茶碗をすすぎながら、答えた。

「抜刀斎にはほとんどの手だれが殺されております。立川流も通じますまい。」

蒼紫の口からその言葉が飛び出したのを、老人はあえて無視して言葉を継いだ。

「抜刀斎という男、話によるとおまえとそう変わらぬ歳の男らしい。だから上の者がこういった手を考えたのだな。」

「邪法をもって忍法とするのは、あなたもよしとしないのでは。」

「・・・・あの女は闇の武が預からせてほしいと申してきた。」

「辰巳ですか。」

「そうだ、辰巳だ。奴は女の扱いには長けている。京まで無事送ることもできよう。」

ここで御頭は、一息ついたように庭の木を見て言った。

「梅の花が咲いているな。見事なものだ。蒼紫よ、おまえも早晩あのような者と接触する機会が出てくるかも知れん。いい機会だ。ここで手引きしてみたらどうだ。」

蒼紫の茶器を片付ける手が止まった。

「どういうおつもりで言っておられるのですか。」

「真田忍群の奴ばらが、あの娘に立川流をやらせるのはもう目の前のことだ。おまえはそれが不服なのであろう。」

「そういうつもりで言ったのではありません。」

「わしにはそう聞こえた。」

「では、お断り申し上げる。」

蒼紫の断りの言葉に、老人は押さえつけるように言った。

「ならば、目の前の地獄を今一度見るのだな。」

「地獄?」

「おまえのそうした心根を悟っている者が、実は大勢いるとしたら何とする。わしが今おまえに言えることは、それだけだ。」

老人はそう言うと、席を立った。

―――また、試されている。

蒼紫はしばらくそのまま座っていた。

老人の言葉は、彼にとっては思いもよらぬものだった。

―――あの女を俺に押し付けるとでもいうのか。

そして、その最後の言葉も―――。

広告を非表示にする