暁杜

るろうに剣心 蒼紫巴 蒼操 小説ブログです。

春の宵

1 春の宵

「蒼紫・・・・・。」

そっと、夜影に白い指先を伸ばした。その触れたあたり。

巴の手は、今、蒼紫のたくましい腕の中に包まれている。

陽に焼けた蒼紫の腕と、ほの白い巴の手の対比が、黒白のようにくっきりと闇の中で際立っていた。

春の宵は、短い。

その短い逢瀬に、巴は胸を燃え立たせていた。

―――私に、忍びの術ではなく、これを使えと―――。

これ。

それは、蒼紫との逢瀬でも使われるものであり、巴にとっては悦びであると同時に悲しみでもあるものであった。

―――なぜ、引き寄せられるのか――――この人に。

蒼紫は冷たい―――本当の気持ちをなかなか言葉にしてくれない。

黒髪を乱れさせて、巴は蒼紫に抱かれながら、いろいろな事を考える。

『御頭には、決められたお相手がいるんだ。』

巴に確か、唐突に怒ったように言った、般若の面の男の言葉を思い出した。

般若の言う「決められたお相手」とは、最初巴は、江戸城の中にいる高貴な姫であるかと思っていた。

彼らは江戸城の御庭番衆なのだ。

巴のように、復讐を胸にこの忍びの世界に入ってきたものではない。

あとで、べしみをつかまえて、尋ねてみたところ、どうも先代御頭の孫娘という少女がいるらしい。

まだ五歳だそうだ。

巴はクスリ、と忍び笑いをもらした。

そんな子供が―――蒼紫は少しでも好きなのだろうか。

先代御頭の跡目を継ぐということで、その孫娘を将来もらいうけるのだろうか。

だが、まだ見ぬその娘と、収まった将来の蒼紫の姿を考えると、巴の胸はきりきりと痛むのだった。

相手の娘は、般若の話ぶりからすれば、先代の後継者という正等な血筋を引いているだけあって、蒼紫を手下か部下のように扱うかも知れない。

そしてその時、蒼紫はきっともう、年老いている。

今の、私だけが知っている、年若く俊敏なこの人ではない―――、年老いて、寂しく―――ああ、将来―――。

将来―――その言葉を、巴はめまいがするように思うのだった。

あの緋村抜刀斎を葬らねば、自分と蒼紫には明日という日はないのだ。

いいえ、私は最初から明日という日など望んではいない―――。

もう止まらない―――この思いは。

巴は小さく肩をゆすって、藍色の忍び装束を肩から床に落とした。

清里に対しては、自分からなど絶対に誘わなかったものを―――巴は蒼紫の忍び装束の下に手をすべらせた。

痩せているのに、ごつごつと手に盛り上がった筋肉があたる。

蒼紫の短く切った髪にそっとその手を移動させる。

「昼間・・・・。」

蒼紫がつぶやくように言った。

巴は目を丸くして、答えた。

「昼間?」

「・・・・・何を探していたのだ。水の中で。」

「わかりませんか。」

巴は秘密にするつもりで、そっと白い歯を見せて笑った。

―――あなたの姿がまぶしくて、気がついていたら泳いでいました。

巴は川沿いの岩の上で、鳥寄せの笛を吹いていた。

その笛の音にひかれて集まってきたのは、小鳥たちだけではなかった。

茂みに蒼紫の影を認めたとき、自分も小鳥のように飛び立ってしまいたくなった。

―――わたしは、あなたが好き!

声に出して言ってしまうのが恥ずかしくて、忍び装束のまま、川の中に飛び込んだ。

水は冷たかったが、巴は軽々と抜き手をきって泳いだ。

蒼紫が、見ている。

それが嬉しかった。

最初に会った時から、牽かれていた。

この方と一緒に修行をする―――最初は清里の復讐のために、身を投じた巴だったのに、蒼紫のもとで忍びの練習をつむうちに、自然と恋心は芽生えていった。

蒼紫も巴も、よけいなことは口にしない方だ。

そんなところも手伝って、巴はなかなか口にこそできないものの、蒼紫への想いを募らせた。

―――好きなのに。私は、清里よりも、この方が好きなのに。

そう思ってはいけないと思えば思うほど、蒼紫を慕う気持ちは巴の中で強くなった。

ある日、巴が見事に忍びの高度な術を決められたときの事だ。

「できました、できました、蒼紫様。」

頬を紅潮させた巴は、気がつくと蒼紫に飛びついていた。

「私、きっと京都で仇が討てますね、そうですね。」

蒼紫は「ああ」と言ったようだった。

蒼紫の腕が、とまどったように、巴を抱こうとして、また下におろされた。

しかし、巴は気がついてしまった。

蒼紫が自分を抱きしめようとしたことを。

蒼紫は黙って立ち去ろうとしていた。

「待ってください・・・・・!」

巴は追いすがるように、震える声をふりしぼった。

切ない瞳は、愛しい人の姿を見つめていた。

「私のことが・・・お嫌いですか・・・・・?」

それから、幾日たったかわからない。

今はこうして、蒼紫に抱かれている。

夕方、井戸で洗いものをしていた時。

背後に背の高い人影を感じて、はっ、と立ち上がった時にはもう、抱きすくめられていた。

「あおしさ・・・・・。」

しっかりと背中に、逃げられないように腕が回される。

蒼紫のことを朴念仁だと思っていた巴には、驚きでしかない蒼紫の行動であった。

巴が全部を言い切らないうちに、その唇を唇でふさがれた。

―――これが、接吻―――。

目もくらむ思いで、情熱的に続く蒼紫の唇を受けながら、巴は思った。

清里は確か、接吻などもせずに私の体に手を伸ばしてきた―――巴はそのことを、今では汚いものでも見るように思い返す。

あの頃の自分は自ら戦うという覚悟もなく、何の才覚もなく生きていた。

今は違う。

この方のもとで、この方のために、私には戦うという目標がある。

表向きは清里さま、あなたさまのためでございますが―――。

「ん・・・・んん・・・・。」

蒼紫が巧みに舌を使う。

それは、巴の知らない感覚であった。

じん、と体の奥がしびれる。

もっと・・・・もっと・・・・して・・・・・ほしい・・・・・・・・・・・・。

私をあなただけのものにして。

あなたを私だけのものにして。

夜の闇は、深い。

広告を非表示にする