暁杜

るろうに剣心 蒼紫巴 蒼操 小説ブログです。

哀路 五

蒼紫は銀座通りの裏の一筋を歩いていた。

古い店が立ち並ぶ中の一角の、ひとつの古ぼけた店構えの写真館の前で立ち止まった。

戸口にガラスに銀色の蒸着した文字で、店の名前が書かれている。

蒼紫は何の変哲もない、その店の扉をあけた。

中には鉄ストーブが白い湯気を立てて、置かれている。

店の陳列棚のガラスケースには、市井の人々の記念写真がいろいろと並べられている。

楕円形に切り抜かれたカードの中の人々は、皆緊張しながら正装して写っている。

店の奥の小豆色のびろうどの長いすに、店のおやじは腰かけていた。

白髪で鼻眼鏡をかけた和装で、きせるをふかしながら、新聞を眺めていた。

蒼紫はおやじに言った。

文久年間に撮影された写真があるだろう?」

おやじが新聞から顔をあげた。

文久年間?江戸時代かね。あるわけないだろう。」

「いや、あるはずだ。これで、譲ってもらいたい。」

蒼紫は、コートの中から札束を取り出し、無造作に陳列棚の上にドサリと置いた。

その時、おやじはやっと、蒼紫が大刀を手にしている事に気づいた。

そして蒼紫の黒髪の下の目は、こちらにじっと、張り付くような視線だった。

おやじは背筋がぞくりとしたが、ある事に気づいたのか、あわてて目をそらし、おびえたように口早で答えた。

「ないものはない。帰ってくれ。昔の写真は、一見さんには売らないんじゃ。」

蒼紫はおやじの言葉を打ち消すように、言った。

「いや、あるはずだ。芸妓を写した写真だ。」

「・・・・・・・・・・・・・・。」

「好事家の間で取引されているようだが、その中の一枚の銀板を出してくれ。」

「銀板は店の命じゃ。渡せんよ。」

「いや、芸妓というよりも、売春婦を写した写真だ。」

「ないものはない!帰ってくれっ。なんじゃ、あんたは一体。」

とおやじが言った瞬間、蒼紫の刀がおやじの耳元につきつけられた。

その拍子で、陳列棚の上の札束が落ちて、紙幣が店の床の上に散らばった。

蒼紫は言った。

「俺はもう一度しか言わん。その写真があるところへ案内しろ。」

「・・・・・・・あっ、あんた、あの写真は、誰にも見せたらいかん事になっとるんじゃ。」

「それは嘘だな。何枚か現像して流したはずだ。」

「・・・・・・・・・・・。」

蒼紫はおやじの背中をどやしつけると、店の奥に入った。

黒いカーテンのさがった現像室には、化学薬品の現像液のにおいがたちこめている。

白いホウロウのトレーが並ぶ小さい現像室の片隅の、銀板の板がぎっしりと並んだ木の棚を、おやじは探し始めた。

やがておやじはその中の一枚を引き出し、蒼紫に差し出した。

「あった、これじゃ、これじゃ、これが文久年間の写真じゃよ。ほら、鶴の上に女が乗っとる。あんたが探しているのは、これかねぇ・・・。」

蒼紫は差し出された写真を、刀の鞘で乱暴にはらいのけた。

写真が壁にぶちあたり、銀板の破片が床にこぼれた。

おやじはあわてて言った。

「あっ、そんなことをすると、写真が割れる。やめてくれ。」

取り乱したおやじの胸ぐらをつかむと、蒼紫は言った。

「俺を怒らせるな。素直に本物の写真を出せ。」

「あっ、あれを渡すと、わしの命が危ないんじゃ。」

「それは何故かな?」

「め、盟約なんじゃ。それ以上は言えんよ・・・・・あああんた、あんたがもしかして、四乃森蒼紫とかいう・・・・・。」

「・・・・・そうだが。」

「わかった、写真は渡す。手を離してくれ。」

おやじは観念したように、手をついて言った。

「そうかい、あんたが・・・・・・あんな写真一枚に、縛られとったんだねえ・・・・・。」

おやじはそう言うと、肩を落として言った。

「わしゃ廃業になるかも知れん。しかし、写真はあんたが会いに来るのをずっと待っとったよ。いろんな悪い奴が、わしを脅して、あれの現像をしては大金を置いていった。あんたも気をつけるといい。ああ、わしゃ何を言っとるんだろうな・・・・・・写真屋の感傷だと思って聞き流してくれ・・・・・・・・・・・・・・。」

蒼紫は言った。

「かつて、御庭番衆にかかわったことは?」

「あるよ。お察しの通り・・・・・しかし縁はなかなか切れん。あの写真も、わしが写したものではない・・・・・預かってくれと頼まれたんじゃ・・・・・。」

「だろうな。」

おやじは蒼紫をさらに店の奥に案内した。

そして、廊下のつきあたりにある、目立たない黒塗りの小さな金庫の扉を開けた。

おやじはつらそうに顔をそむけて言った。

「見なさい。これが文久年間の写真じゃよ。」

蒼紫は紙袋に収められている、銀板とその現像したものを取り出した。

蒼紫は食い入るように眺めた。

一瞬で時が彼方へとはばたいて帰っていく。

―――巴!

蒼紫の取り出した写真の中には、巴が上半身裸で写っていた。

白い腰巻をしめて中膝をついて、不安そうにこちらを眺めている。

背景は日本間のようであり、日本画の松原の絵の襖が半分写っていた。

写真は半分銀板が腐食したせいで、黒い点がいたるところについていた。

おやじは蒼紫を気遣うように言った。

「ああ、あんた、あんたその人とは、恋仲だったんだそうだね・・・・・。それは、その人が京都に来たときに写したものらしい。大阪の宿だったそうだよ・・・・・・・・・・・・・。人別改めのために撮影されたんだそうだ・・・・。」

蒼紫の背中が、おやじの言葉にひきつったように動いた。

悦びと憤りが半ばして、写真を持つ手がぶるぶると震えた。

この写真を撮影した者に対する激しい憎しみと、それに相反する感謝のような念・・・・・いや、俺はありがたいとは思わない。しかし、忘れそうになるのではないか、と思っていたあの巴の懐かしい遺影がそこにはあった。

白い顔、黒い髪・・・・・小さくのみで刻んだような目鼻だち・・・・・・。

あまり大きくはないが、柔らかな白い胸元・・・・・。

巴・・・・・巴・・・・・巴・・・・・・ああやはり、俺はおまえのことを愛している・・・・・・!

「おやじ、感謝する。」

それだけ言うと、来た時のように嵐のように蒼紫は店を去っていった。

おやじはつくねんと、残された店の中でつぶやいた。

「ああ、あの人の江戸は、まだ終っとらんのじゃなあ・・・・・。」

                                      ◆

神谷薫は、会津に帰った高荷恵にその日手紙を書いていた。

このところ、微熱が続き、食欲がない。

剣心は大陸に渡ったままだ。

―――剣心・・・・剣心・・・・早く帰ってきて・・・・・でないと私・・・・・。

ごほごほと咳き込むと、薫はうわがけを手でかき寄せた。

「寒い・・・・寒いわ・・・・・・剣心・・・・・・。」

春先の日和はのどかで、桜の花びらが静かに舞っている。

「恵さん、お元気ですか。調子はいかがですか。剣心は大陸で左之助と一緒に、働いているみたいです。私はこのごろ――少し、痩せました。先日ついに、剣心と私は、めおとになりました。でも、式はあげていません。そんなお金はないから・・・・ごめんなさい、恵さん。剣心は私のものになりました。いえ、私が剣心のものになったのでしょうね。

あの事件の後、みんな昔のように話さなくなりました。操ちゃんは蒼紫さんと、渡米したっきり、何の連絡もありません。操ちゃんは今頃どうしているのかなあ。元気に暮らしているといいけど。操ちゃんは最後の時、蒼紫さんと一緒で嬉しいはずなのに、波止場で別れるときに大声で泣いていました。私と別れるからでしょうか。そして蒼紫さんは――――。」

薫はそこで手から筆をすべり落とした。

薫は蒼紫のことを回想した。

―――あの人のことは最初から、私は怖かった。

薫はしかし、もう一度筆を取ると、紙にかきつけた。

「蒼紫さんは何も言いませんでした。あの人は剣心の一体何だったのでしょう。私にはわかりません。恵さんなら、わかるかも知れません。だって観柳邸であの人と一緒だったそうだから。私には、剣心を斬らなかったあの人の心はわかりません。」

薫はそこまで書いて、筆を止めた。

―――私に、うつして。その病気を剣心、私にもうつして・・・・・。

薫の脳裏に、剣心との最初の一夜がよみがえった。

―――拙者は―――。

剣心が言いかけるのを制して、薫は涙に震える目で言った。

―――一緒よ、剣心。あの世までも・・・ね・・・・・。

激しく自分を求める剣心に、薫は必死になって答えた。

―――心太と呼んでくれ、これからは・・・・・。

剣心の低いささやきが哀願するように、薫には聞こえた。

薫は手紙の紙ををよけると、手で顔をおおって言った。

「これで・・・・・これでいいのよ・・・・これで・・・・。」

涙が頬を伝い落ち、あとは言葉にならなかった。

「剣心・・・・あなたが私はかわいそう・・・・・・!」

                                      ◆

蒼紫は今、渡米する船の中にいる。

今のところは何もすることはないので、写真館から奪ってきた巴の古い写真を時々出しては眺めている。

この体を俺は斬った。―――いや、厳密には違うのだが、あの中国娘の顔は巴だった。

この写真をもとに中国医法でやつらが整形したのだ。

そして、あの中国娘の業病を知っていながら、剣心は何度も抱いていたのだった。

―――俺ならたとえ抱く機会があっても、抱かずに一刀のもとに斬り捨てていた―――。

それが俺と剣心の違いなのだ。

剣心を惰弱であると思う蒼紫だったが、そんな蒼紫でも写真を見つめていると、巴への暗い情欲の炎が、体の奥底から湧き上がってくる。

斬り捨てたことで、いっそう火照りがともったようだった。

しかし、本当の巴はもう何処にもいないのだ。

斬りたくはなかった―――この腕が。

『―――君にそんな権利があるのかね?人の命を自由にする権利が。いや、君は今までそうして生きてきたんだが――――。』

耳元で、あの時の王大人の皮肉な言葉が響いた。

俺の行く先々は、これからも屍のみなのか。

蒼紫の心の中で今、血の涙が流れていた。

操は船のデッキで、外人客と話をするでもなく、遠くを眺めていた。

―――おおおおい。おおおおい。

波の音が、操にはそう聞こえる。

過去に向かって、一人の男が、やまびこの声を求めて、谷間に向かってひたすらに叫んでいる。

あの人は私を愛しはしない。

体だけでも、愛しはしない。

今夜も、別々の部屋で、別々のベッドで、あの人と私は寝るのね。

心がこうして、離れていくのね。

でも、あの写真を蒼紫から奪い去ったら、私はきっとこの海の中に突き落とされる。

あの人はきっと、そうするわ。

夕暮れのデッキで、操は片肘をついてじっと海を眺めていた。

やがて日が暮れる。

私たちの間にも、日が落ちていくわ―――。

でも私は蒼紫から離れられないでいるのね。

操は思った。

蒼紫の心がこれから先、自分に向くことはおそらくはない――――あの人は、緋村抜刀斎とは別の道を選んだのだ。

その蒼紫の生き方を潔しとして、ともに歩んでいくことを、あの蒼紫が何処まで自分に許してくれるだろうか・・・・。

でもそれが、御庭番衆として私に示された、ただひとつ残された道なのだ。

それを私はずっと見守っていくの、できるところまで、あの蒼紫を守って――――。

操のその決意を知る者は、誰もなかった。

やがて日が暮れて、甲板のデッキを照らす客室の明かりの間を、巻町操は注意深く進んだ。

自分の姿を呼び止める者は誰もいない―――あの蒼紫でさえも。

でも、私はあの蒼紫を愛する。あの人が私を愛さないから、愛する。

そう思い直した操の心は、その時不意に明るくなった。

自分の心の動きのけなげさに、操の瞳は思わずうるんだ。

でもそれが、私の蒼紫様に捧げる愛なんだから・・・・・・。

操は涙を振り払うように顔をあげると、空にかかる白い弦月を眺めた。

その様は、今、生まれたばかりの赤子のようであった。

                                               ―完―

広告を非表示にする