暁杜

るろうに剣心 蒼紫巴 蒼操 小説ブログです。

哀路 一

「しっ、前に出るな。」

呉黒星の叱咤にその顔をにらみつけると、操は工場の張り出しから身を乗り出した。

縛られて、背中には銃で脅されている。

薫と茜もご同様だ。

だが操は今必死だった。

たった今、惨劇が起こったのだ。

遠目でよくわからないが、蒼紫が女を一人倒したようだ―――。

―――あれは、巴さん、だったの?

操にはわからない。

「あの女はなに?」

呉黒星が面倒そうに操に答えた。

「ボスの作った替え玉さ。雪代巴のな。まあいずれ消される予定だったが、殺されちまったか。」

「・・・・・。」

――蒼紫様・・・・。

操は、蒼紫が泣かないのを知っていた。

あの人は、決して泣かない・・・・・だけど、うれしいはずなのに、私は蒼紫を思うと、とても居ても立ってもいられなくなるのは、何故?

蒼紫さまは、巴さんを愛していたから、偽者を殺したんだわ。

愛していたから・・・・・。

その心を思うと、私はつらい。

だけど、蒼紫さまはもっとつらいはず。私の気持ちなんて・・・・・・・。

その時操は思い知ったのだった。

巴と蒼紫の絆を―――。

私は巴さんには決して勝てない。

薫さんが勝てないと思っているのとは、比べ物にならないぐらい、きっと勝てない。

だって、蒼紫は、偽者の巴さんを殺したんだもの―――そんな愛、私は知らない。

私の愛は、ただ遠くから見ていて、あこがれていて・・・・・ずっと蒼紫さまのそばにいられたらいいな、と思っていて・・・・・そんな愛。

ちっぽけで、甘ったれていて、自己恋着みたいで・・・・・だけど、私も蒼紫さまを愛しているの。

ねぇ、やっぱり私には蒼紫さまは、つりあわないのかな・・・・・。

操の目から涙がこぼれた。

蒼紫が偽者でも巴を消したこと、それは喜ばしいことのはずなのに―――。

操の横の薫は取り乱して泣いていた。

「剣心・・・剣心・・・・・起き上がって・・・・・しっかりして・・・・。」

薫にとっては、剣心がたとえ巴に心を奪われてしまっていようが、剣心さえいればそれで良かったのだ。

操は、薫と自分との違いを思った。

薫さんのは、無償の愛ね―――それに比べて私の愛ってなんて薄汚れて惨めなんだろう。

今だって、私は蒼紫のこと、どこかで突き放して考えている―――どうせ蒼紫には愛されない、と考えている。

だって今まで愛されていなかったんだもの。これからもきっとそうよ。

蒼紫が私のこと、思ってくれることなんてないんだわ。

操は意固地になっていた。

彼女は知らなかった―――蒼紫が、遠い戦火の日、彼女を救うためにどんな気持ちで現れたのか―――。

確かに巴のように、操は蒼紫に愛されることはないかも知れない。

しかし、幼い操を思いやっていたのは、蒼紫にとっては本当だった。

おそらく蒼紫自身も操の存在を欲していたからこそ、一緒に東京につれて出てきたのである。

しかしそれは、操の心には理解できることではなかった。

ただ彼女は待っていた―――蒼紫が自分を助けに来るのを。

それだけが、今の操の望みであった。

蒼紫は、縁の体に狂経脈が浮き上がる様を眺めていた。

縁は贋巴の死を、本当の巴の死と同様にまで考えている。

―――偽者に踊らされていただけだ、貴様も、抜刀斎も。

蒼紫はそう思うが、縁には通じない。

彼は巴が今また蒼紫に殺されたとだけしか、思っていないのだった。

縁の刀があがった。

肩口から気合いをこめている。

一撃必勝の、「虎伏絶刀勢」で蒼紫をも倒すつもりだ。

―――あの技か。奴には回転剣舞は効かぬか。

その時、縁の後ろに立つ中国服の背の高い男―――王大人が言った。

「縁、君の姉さんを殺した男を葬りたまえ。君にはできるはずだ。」

王も大刀を握っていた。

蒼紫は二人が師弟関係にある、とすぐに見て取った。

―――縁を教えた男。

御庭番衆を抜け出した頃、縁はまだ幼かったし、連絡係以外のことは何もできない子供だった。

それを作り変えたのが、おそらく今縁の背後に立つ男なのだ。

―――縁以上の手だれと見た。縁をもし倒せたとしても、あの男を倒さねば意味がない。

蒼紫は小太刀を両腕に握った。

対峙している縁が、ザッとこちらに踏み込んできた。

抜刀斎は倒れたままだ。

―――早い!

縁はその体のしなやかさで、沈み込んでは突き上げる剣戟を仕掛けてきた。

連続技である。

激しく数回、立て続けに蒼紫と打ち合った。

剣と剣とが激しくぶつかりあい、火花が暗闇の空間に飛び散った。

―――縁。

「縁。あれは貴様の姉などではない。」

蒼紫は剣を交えながら言った。

縁の顔が大きくひきつった。

「だまれ・・・だまれ・・・・だまれ・・・。」

「巴は死んだんだ。もう何年も前にな。そこにいる抜刀斎に殺された。貴様はその男に勝った。もう終わったはずだ。」

「だまれ・・・・っ!!!」

縁は刀をはじくと、蒼白な顔で叫んだ。

「貴様が姉さんを引き込んだんだ!!!姉さんは、貴様なんかに使い捨てにされて・・・・っ!!!」

涙が縁のほおを零れ落ちた。

「なのに今またあんたは、俺の姉さんを殺した。殺したんだ。あの優しかった姉さんを・・・・・。」

蒼紫の目に冷酷な光が宿った。

―――俺の姉さんだと。世迷言だ。

「悪いが貴様の世迷言に付き合うつもりはないのでな。」

蒼紫の冷たい言葉に、縁は叫んだ。

「でかい口をたたくな!貴様なんか抜刀斎にも勝てなかったんだ。その抜刀斎に勝てた俺に、貴様が勝てると思うなっ!!!」

「やってみる事だな。その抜刀斎は、貴様らがその女を使って、ぼろぼろにした抜刀斎だ。もはや俺に勝ったときの抜刀斎ではない。」

蒼紫の凛とした怒りに満ちた声が、暗闇に響いた。

瀬田宗次郎がその時、蒼紫がさっき投げた刀を静かに床から拾い上げた。

宗次郎は静かに諭すように言った。

「蒼紫さんの言うとおりだと僕も思います・・・。あなたのお姉さんは、あの今死んだ人ではない。それは冷厳な事実ですよ。どんなに生前のお姉さんに似ていてもね。雪代縁さん。」

縁はだだをこねるように、叫んだ。

「だまれっ。」

「どうしてあなたはそれを認められないんですか?あなたはその後ろにいる人に、態よく利用されているに過ぎないと見ました。違うでしょうか?」

縁はぐっ、と喉に言葉を詰まらせた。

王大人に利用されていることは、既に縁にもわかっていた。

だからそれから贋巴と二人して、事が終われば逃げ出すつもりだったのだ。

だがそれも夢の藻屑と消え―――今贋巴の首をはねた蒼紫の冷酷さが、縁には受け入れられないのだ。

なぜ―――どうして、そっとしておいてやれなかった・・・・・あの生い先短い哀れな女を、姉さんと呼ぶことが何故いけなかったのか。

―――こいつら二人は、俺が苦しんでいる事を他人の顔で笑って、ああして冷酷な言葉を吐いているのだ。

縁の心に憤激が沸き起こった。

―――虎伏絶刀勢!!!

縁は低い体勢から、飛び上がった。

間近に蒼紫の体が迫る。剣をふりかざした瞬間、しかし剣に当たるものがあった。

―――苦無!!!何処から!!!

蒼紫の投げた苦無は、縁の剣に立て続けに二本、激しい勢いで突きあたった。

「ちぃっ!!!」

それでも縁は押し切ろうとしたが、剣先が軌道からすでに外れていた。

―――しまっ・・・。

縁はずれた体勢のまま、蒼紫に斬りかかった。

縁は蒼紫の剣が、自分の頬をかすめるのを感じた。

―――斬られる!!!!

と、恐怖に髪の毛が逆立った瞬間、縁の体には猛烈な打撃が数回見舞っていた。

「くぅうううっ・・・・っ。」

縁はその場にうめきながらよろめいて倒れた。

蒼紫は、縁が倒れたそばで、小太刀を構えた姿勢のまま動かないでいた。

縁は言った。

「今の技は・・・・。」

「今のは技というほどのものではない。陰陽撥止のくずし技だな。」

「なん・・・・だと・・・・。」

「貴様の技は、抜刀斎に対する際に見せてもらったが、滞空時間が長い。その間を苦無でくずした。あとは回転剣舞の基本形で崩せると思った。所詮居合い抜きの技は、抜刀時のそれまでという事だ。」

蒼紫の冷静すぎる言葉に、倒れていた剣心の体がぴくりと動いたが、蒼紫はそれには気づかないでいた。

縁は地に手をつき、倒れたままで、ただ激しい息遣いで敗北をかみしめていた。

―――嘘だ・・・・嘘だ・・・・嘘だ・・・・・!!!俺が姉ちゃんを追い詰めた男に、負けるなんて・・・・・!!!!

と、その時後で立っていた中国服の人影が動いた。

男は低い声で、蒼紫に向かって言った。それはすべらかな日本語だった。

「なかなかやる男であるようだな。君が四乃森蒼紫君かね。お初にお目にかかる。私は王大人(ワン・ターレン)だ。」

ゆらり、と立った長身の男は、長剣を手に握っていた。

広告を非表示にする