暁杜

るろうに剣心 蒼紫巴 蒼操 小説ブログです。

虚像 四

蒼紫と剣心たちは、廃工場の坑道を急いでいた。

「なんだか、熱くなってきたようでござる。」

剣心が言った。

空気が重く、ねっとりと熱くなってきていた。

この廃工場の終点に何があるのか―――三人は、闇に目をこらした。

最初に映ったのは、やはり火だった。

赤い点が暗闇の中に見えた。

その火は近づくにつれ、その勢いを増していった。

「溶鉱炉だ―――。」

蒼紫はやがて言った。

剣心は眉をひそめた。

「何のための溶鉱炉でござろう。」

「知れたことだ。銃や贋金の鋳造だろう。」

「なんと―――!銃まで。」

「軍までこの密造を、容認しているとは思えんが――――。」

コート姿の蒼紫は立ち止まった。

巨大な鉄の炉の前に、数人の人影がある。

―――雪代縁―――。

赤い溶鉱炉の吐き出し口の前に、白い髪の男が立っていて、腰の大刀を引き抜いた。

そのさらに後ろの段上に、高い人影が見えた。

中国服の男と女。

王大人と―――。

蒼紫はわが目を疑った。

―――巴!!!

そこに、巴と瓜二つの少女が立っていた。

――そういうことか。

蒼紫はすべてを悟った。

溶鉱炉の炎に照らされて、贋巴のほの白い肌が赤々と燃えていた。

と、蒼紫の横の剣心がそのとき、様子がおかしくなった。

「巴!!!待っててくれたのかい?!!」

剣心がその巴を見てなぜか駆け出す。

「緋村さんっ?!それはマズイですよっ。」

あわてて瀬田宗次郎が抜刀した。

蒼紫はその場に呻くように立ち尽くした。

地面がずぶずぶと沈むような感触―――鉛が入ったように、心が重かった。

認めたくない、贋物―――しかし抜刀斎がまた会っていたのは、今の様子ではこの巴なのだ。

―――大きな悲劇がありましょう。

外印のさっきの言葉はこのことだったのか―――外印が闇の外法を施したのか。

外印を簡単に殺すのではなかった。

もっと大きな苦しみを味わわせてから、殺すべきだった。

二度も―――抜刀斎にはこの苦しみを味わわせられ―――今また俺は、あの巴を斬らねばならない。

俺が斬らねば―――斬らねば―――。

雪代縁が笑っていた。

縁は刀を突きつけて、宣言した。

「来い、抜刀斎。一撃で殺してやる。姉さんの目の前で。」

剣心が抜刀した。

剣をふりかざして、縁に襲い掛かって行く。

しかし、剣に勢いがない。

―――これでは、本格的な九頭龍閃は撃てまい。

蒼紫は見て、心に失望の念が湧き上がった。

病魔はすでに剣心の体を蝕み始めている。

剣心と縁は、ぎりぎりのところで剣で激しく渡り合った。

斬りあいの火花が激しく闇の中を踊った。

と、その時縁の体が地に深く沈みこみ、それから急に上に舞い上がった。

――虎伏絶刀勢!!!!!

縁はその技に絶対の自信を持っていた。

大陸で必ず、抜刀斎の飛天御剣流を破ることができると、言われて会得した技なのだ。

溶鉱炉の炎が、縁の技の風勢に火の粉をふりまいた。

その火の粉がさっと飛び散ったとき、蒼紫は目を見張った。

―――緋村!!!!

剣心は縁にうたれて、ゆっくりと地にのめり、倒れ伏した。

巨人が敢え無くついえたのだ。

それは、蒼紫が長年夢見ていた、結末であった。

――バカな。

蒼紫は目の前の事実を否定したかった。

しかし、抜刀斎は陽だまりの樹のように、すでに内部がぼろぼろに腐敗し、がらんどうになっていたのだ。

剣心が倒れ苦悶しながら、涙を流して何かつぶやいている。

「巴・・・・・巴・・・巴・・・・・拙者はもう誰も斬りたくない・・・・・・拙者はもうだ、れ、も、斬りたくはない・・・・・・・・。」

そのつぶやきの意味を知った時、蒼紫の心に憤怒が沸き起こった。

死んでいない事だけが、剣心の縁に対する地の利と言えるであろう。

すでに剣心は、偽者の巴に会っていた時点でとどめを刺されていたのである。

今まで蒼紫につき従って来たのは、半ば義務感からと言ってよい。

彼の心情の、「苦しんでいる人々を助けること」と、巴を斬った自責感とのパランスが崩れた時、抜刀斎としての剣心は成り立ちえなくなっていたのだ。

しかし―――。

―――こんな貴様を見るために、今まで貴様を容認してきたのではない、抜刀斎!!!!

蒼紫の血を吐く心の叫びはしかし、剣心には届かない。

瀬田宗次郎がかすれ声で言った。

「緋村さん・・・・・あなたが敗れるとは思いもよらなかった。僕は・・・・僕はでも、この時のためだけに・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

宗次郎は顔をそむけ、必死で涙をこらえていた。

蒼紫は蒼白な顔で、縁を無言で見返した。

「勝ったな。俺は、緋村抜刀斎に勝った。次は貴様だ、四乃森蒼紫。」

縁はそう言うと、かすかに笑い、後ろを少し振り返って言った。

「見ていてくれ、姉さん。必ずあいつにも勝つからね。」

後ろの贋巴も笑ったようだった。

蒼紫の顔に、その時不吉なる影がよぎった。

蒼紫は言った。

「確かに貴様は、緋村抜刀斎に勝った。しかし、その勝利は、貴様の姉に捧げられたものではない。」

「なに。」

「姉が死んでいることを、貴様は今一度その胸に刻み付けるべきだ。」

蒼紫はそう言うと、瀬田宗次郎の刀を取り上げた。

「貸せ。」

一声そう言うと、蒼紫はブーメランのように、その刀を闇に放り投げた。

小太刀による飛刀術―――それはまっすぐに、ある一点を目指して、ものすごい勢いで回転しながら飛来した。

蒼紫の怒りを代弁しているかのようなその動き――それは一瞬の出来事だった。

「ああっ。」

縁のそれまで笑っていた顔が、驚愕に引きつった。

蒼紫の投げた剣は、後ろに立つ、贋巴の首を無残にも一撃ではねていた。

空中に巴の首が、高く花火のように舞った。

その顔はまだ、自分が斬られたということを認識しておらずに笑っていた。

その手にはヌンチャクを持って、今にも加勢する勢いであったが、その姿勢のまま贋巴の姿は横に崩れた。

巴の首は、溶鉱炉の灼熱の鉄の火溜りの中にボシャ、と落ちた。

ジュン、と白い水蒸気が立ち上り、跡形もなかった。

それらは一瞬の出来事であり、その時事態を正確に把握していたのは、剣を投げた蒼紫のみであった。

―――これで・・・・・これでいいのだ・・・・さらば・・・・・。

巴と相当する少女の微笑みひとつ引き出すこともなく、たった今手にかけた。

これでいいのだ、と蒼紫の理性は言っていたが、心がどうしようもなく泣いているのが自分でもわかった。

「うわああああああああああっ!!!!!!ねぇちゃんを、ねぇちゃんを、殺すなぁーーーーーーッ!!!!!!!」

雪代縁は絶叫していた。

広告を非表示にする