暁杜

るろうに剣心 蒼紫巴 蒼操 小説ブログです。

虚像 二

「ひどい目に合いましたね・・・・・。」

瀬田宗次郎は言った。

蒼紫たちは、やっとの思いで地下水道を出て、煉瓦作りの廃工場のようなところに来ていた。

途中、水を呑んだ宗次郎を介抱してやらなければならなかったし、剣心はというと、蒼白な顔で前をふらつきながら歩いている。

蒼紫は工場の中を見て回りながら言った。

「ブツは移動させてあるが、贋金を作っていたのはここだろう。」

「なんと・・・・敵のアジトは、このようなところに・・・。」

「贋金作りだけではなさそうだ。」

蒼紫の目が隅に置かれた、木箱の上に止まった。

――マーキングに軍使用の通し番号がふってある。

「蒼紫、どうしたでござる?」

「それは弾薬の箱だ。」

「どうしてわかるのでござる?」

「・・・・・・・。」

蒼紫は、まるでこういう事にうとい剣心に、自分とは違うとわかっていたが、いらだたずにはおれなかった。

蒼紫は言った。

「今度は火に気をつける事だな。」

蒼紫の言葉に、宗次郎は明るく答えた。

「水責めの次は、火ですか?ここは、何でもありなんですね。」

「貴様のほうが、よく知っているだろう。」

「やだなあ。僕はこんなところは何にも知りませんよ。僕は、地下水道の地図しか知りません。」

「なに。」

「それも流されて、無駄になりました。もう僕にたよらないでくださいね。」

「貴様。」

瀬田宗次郎がこういう男だという事は、志々雄のアジトでわかっていたが、そのあまりのいい加減さに蒼紫は呆れた。

「しっ、何か来るでござるよ。」

前を行く剣心が立ち止まった。

蒼紫は答えた。

「雪代縁ではないようだ。」

宗次郎が不思議そうに尋ねた。

「どうしてわかるんですか?」

「足音が違う。」

「聞き分けられるんですか。すごいなあ。」

「少し黙っていてくれないか。」

すでに剣心は腰を落として、抜刀術の構えを取っている。

蒼紫も剣に手をかけた。

しかしその瞬間。

「上かっ?!」

音がした。

身を縛るあの無音の音―――蒼紫は今度こそ、相手の顔を見定めた。

―――土蜘蛛が、笛を操っている。

と、剣心の体が呪縛にかかったように動かなくなった。

次の瞬間、剣心の体は宙空に吊り下げられた。

「―――緋村さんっ!!!!」

叫ぶ瀬田宗次郎の体もご同様だ。

蒼紫も腕や足にからみついて引き上げる、斬鋼線を感じた。

―――糸使い。間違いなく、土蜘蛛。

その時、虚空から声がした。

「ひさしうお目にかかる・・・・御庭番衆御頭どの・・・・。」

蒼紫は顔をあげて答えた。

「貴様、土蜘蛛・・・外印だな。」

「覚えておいでとは光栄のみぎり・・・私の躁糸術はいかがですかな。」

暗い虚空に、黒の紋付袴を羽織った髑髏の覆面の男が、すっ、と音もなく現れたかと思うと、胸に手をあて礼をした。

剣心と宗次郎は糸にまったく動きを封じられていて、言葉すら発せないようだ。

老人は言った。

「御頭様については、先代からの恩もございます。ですが、わかっていただきたい・・・・あなた様の取られた道は間違いだったと・・・・・この先にはあなた様には、悲しむべき事態が待ち構えてございます。その地獄を見る前に、この老人があなた様の首を糸ではねて差し上げようという次第・・・・。」

蒼紫の首を糸がぎりぎりと締め上げ始めていた。

蒼紫はきれぎれに答えた。

「俺が取った道が間違いだったと。」

「左様。御庭番衆は、解散すべきではなかった。あなた様ひとり、新政府の飼い犬になるというのは、まことに腑に落ちない顛末でございました。その恨みで、この私のように、闇の配下に下った者も数知れずおります・・・・それも元はと言えば、あなた様のせい。」

「よく言う。」

「闇の者は闇にしか生き方を求めえぬものでございます。それを奪ったのは、あなた様だ。」

「・・・・・外法に落ちた者は、外法の法によって闇に葬る・・・・それが御庭番衆の御頭の最後の務めだ。」

「やってみられれば、よろしかろう。」

言うが早いか、老人の腕がしなり、苦無が蒼紫に向かって飛んできた。

「私の笛の音を聞いてでは、逃れる法はない。」

外印は口に、小さな呼ぶ子笛をくわえていて、そこから超音波が発信されるのである。

音感に敏感な者は、ある音が鳴るとそれに気を取られて、他の動作が手につかなくなるという。

この外印の術も、それを利用したものだった。

しかし、蒼紫はこの苦無をはずすであろう―――外印は、蒼紫の動きを読んでいた。

その、はずしたところを剣ではねる―――蒼紫ほどの術者にも必ず隙ができるはず―――。

しかし。

蒼紫は苦無をよけなかった。

一刀は間一髪で頭の横に命中した。

激しい衝撃が蒼紫の頭に見舞ったが、その瞬間、蒼紫の鼓膜は外印の発する音波から自由になっていた。

わざと三半規管の機能をつぶしたのだ。

次の瞬間、蒼紫は自由な姿勢で地に足をついていた。

―――糸が!!!

外印の顔に、あせりが走った。

やはり糸は、この蒼紫には通じない。

御庭番衆御頭だった男に、斬鋼線が通じると思った自分が、やはり浅はかであった。

さっき糸にひっかかって見せたのは、自分と対話したかっただけのようだ。

外印は必死で剣をふるった。

蒼紫はことごとくその二本の剣を受けて、こちらに向かってくる。

「あきらめろ、外印。」

地の底から響く一声とともに、疾風のような回転剣舞六連が、外印の体を見舞った。

外印は苦鳴とともに、蒼紫に向かって呪詛を吐いた。

「あの女さえいなければ・・・・・・・御庭番衆は解体することもなかった・・・・・・!!!!」

外印の唇から、喉も切れよとばかりに怪音が発せられたが、効果はもはや何もなかった。

ドサリと地に崩れた外印の顔は、仮面をはがすと死に苦笑を浮かべていた。

「緋村、大丈夫か。」

蒼紫は剣心と宗次郎を糸から助け出した。

二人は今しがたの戦闘をほとんど覚えていないのだった。

「ああ・・・助かりました・・・・敵は去ったのですか?四乃森さん。」

「そのようだな。」

「よかった。先を急ぎましょう。今は僕の勘では三里半ぐらいですね。」

「約二千百メートルぐらいだな。今は万世橋の袂付近か。」

蒼紫は思った。

―――あの女さえいなければ・・・・・・・巴のことか。

外印が行った闇の外法について、蒼紫の考えは行き当たりつつあった。

広告を非表示にする