暁杜

るろうに剣心 蒼紫巴 蒼操 小説ブログです。

人誅 三

「う・・・・ここは・・・・・?」

御堂茜はようやく、気がついた。

暗闇の中に、天窓からの一条の光が差し込んでいて、光の中に湿っぽい埃が舞っているのが見えた。

小さな四角の窓には牢格子がはまっていた。

――牢獄。私は一体・・・・・。

茜はゆっくりと痛む身を起こした。

手には手縄をかけられていた。

そばには、気を失う前に、一緒にいた巻町操の姿があった。

操も手に手縄をかけられていた。

操の凛とした声が耳に響いた。

「気がついた?御堂さん、あんた巻き込まれたんだよ。ごめん。」

操は汚れた頬でぽつりと言った。

抵抗した時殴られたのか、頬が赤くはれ上がっていた。

茜は答えた。

「巻町さん・・・・どうして私たちは縛られているの?」

「悪いヤツらにつかまったんだよ。だから、私の事なんて、ほっといてくれればよかったのに・・・宿題のガリ版なんて、わざわざ届けに来るからさ。」

「巻町さん・・・・・。」

茜はぶっきらぼうな操の優しさを感じた。

茜は、そういう少女だった。

突き放した言葉の中にも、優しさを見つけることができるのだ。

茜は言った。

「巻町さん、私、やはりあなたの事が気になっていて・・・・・だってあなたはいつも一人だったでしょう・・・・・。」

と、その時、操は顔をこわばらせ、茜にどなった。

「シッ、静かに。誰か来たっ。」

その時、茜は自分の入れられている牢獄の鉄格子の前に、誰かが降りてきたのに気づいた。

その足音は何人かいるようだった。

操がその方に向かって、目を光らせてにらみつけている。

背の高い髪の白い男が、二人の前に立った。

「お初にお目にかかるな。巻町操。」

「あんたは?」

「雪代縁―――貴様は俺のことは、何も知らないだろう?」

「知らないわ。それが何?」

「何も知らない――何も聞いていない――ヤツは何も教えなかった。そういう男だ、四乃森蒼紫。」

と、その時だった、操の目の前に懐かしい顔が見えたのは。

「操ちゃん!」

縁の後ろに、両手を縄でくくられて縁に捕縛されている、薫の姿が見えた。

「薫さんまで・・・・あんたっ、一体どういうつもりよっ。」

操が大声で叫ぶのを、縁は懐から銃を取り出し、一発発射した。

轟音が牢内に響きわたった。

「貴様らには、俺は恨みはないから、殺すことはしない。喜べ。」

と言うと、縁は何かを操に向かって放り投げた。

巴の日記帖だった。

「読め。姉さんの日記だ。」

「日記・・・・・・日記?」

操ははっとした。

「薫さん、これ、薫さんが言っていた、剣心の昔の女の日記なんじゃ・・・・・。」

「そうだ。俺の名前は雪代縁、姉さんの名は雪代巴だ。いや、緋村巴というのが正しいかな?」

と言うと、縁は銃口を、薫の頬に押し付けた。

薫の顔が恐怖で引きつった。縁は言った。

「貴様の愛する、緋村抜刀斎に殺された・・・・・。」

薫は悲鳴のように細い声で叫んだ。

「操ちゃん・・・・この雪代縁はね、巴さんを殺されたから、剣心と蒼紫を、殺すつもりなのよ・・・・・!」

「なんですって?」

「でも・・・・・・蒼紫は関係ないでしょ、操ちゃんと、この人は帰してあげて・・・お願い・・・・。」

「薫さん・・・・・。」

「だって、その日記には何も蒼紫のことなんか書いてなかったわ・・・剣心の・・・・・抜刀斎のことは書いてあったけど・・・・・。」

縁の形相が、その薫の言葉に醜く引きつった。

「何故書いていないか・・・それは・・・・姉さんが、抜刀斎を殺すために暗殺者だったからだ!!!・・・・それを仕立てあげたのは、四乃森蒼紫だ!!!姉さんは、四乃森に利用されて、抜刀斎に殺されて死んだんだ。それへの、これは、復讐だッ!!!!」

血を吐くような縁の叫びだった。

その縁の顔に、見るも無残な血脈が走っていく。

両腕の筋肉の上にも、血の蛇のような模様が走った。

狂経脈―――縁が大陸で、会得した技と引換えに与えられた、肉体の変化であった。

薫はヒッ、と身を縮めた。

縁は恐ろしい声で言った。

「巻町操、貴様はこれからそれを読むといい・・・・・・それには、姉さんが剣心とどんなに仲良く暮らしていたかが書いてある・・・・しかし、姉さんは深く苦しんでいた。そうさせたのは、四乃森蒼紫だ。蒼紫は姉さんと関係があった。しかし、それには何も書いていない。貴様も四乃森蒼紫の正体を知って、苦しむがいい!!!」

操は気丈に声をあげた。

「嘘。蒼紫さまは、そんな、女衒みたいなマネはしないよ!」

「そうかな。貴様は御庭番衆のことを、何も知っちゃいない。その癖、御庭番衆の第一の者みたいなでかい顔をしている。貴様の前で、蒼紫をぶち殺してやるよ。」

縁はそう言うと、牢獄の扉を開けて、薫を足蹴にした。

「あうっ。」

薫は悲鳴をあげて倒れこんだ。

「仲良く、足手まとい同士で相談でもするんだな。」

縁はそう言うと、乱暴に牢の鍵を閉めて、去って行った。

「薫さん・・・・。」

操に薫は答えた。

「操ちゃん、そうだったのね・・・・蒼紫さんも・・・・。私、巴って人・・・・・・。」

「ヤツが言っていたのは、確かなの?何も書いていないって。」

「ええ・・・そうだと思うわ。私が読んだ限りでは、何も書いていなかったわ、蒼紫のことは・・・・。」

「待って。」

操はそう言うと、膝を折り曲げた。

手を足の裏にやると、足の下から、細い仕込み手裏剣を器用に引き出した。

忍びの服で、足に巻いている帯の下に、仕込んでいたのだ。

「薫さん、縄を切るわ。手をこっちにやって。」

「・・・・わかったわ。」

操は縛られたまま、まず薫の縄を切った。

それから茜の縄を切り、最後に薫に自分の縄を切らせた。

「この日記よね。」

操は日記を拾い上げて、しばらくぱらぱらとめくっていたが、不意に気がついたのか、本の綴じ代のところを注意深く眺めていた。

「やっぱり。」

と、操は言うと、手裏剣の先で、日記の綴じ紐を切った。

ばらり、と日記がほどけた。

「見て。途中からページが抜かれている。そして、二重になっているわ。」

「えっ・・・・・・。」

薫は目を見張った。

それを見抜く操にも、驚いたが、日記の仕掛けにも驚いた。

やはり、操は隠密なのだと思った。

日記は和綴じなので、一枚の紙を折っているのだが、その中に薄い和紙がさらに挟まっていて、それは一見ではわからないようになっていたのだ。

「驚くことはないわ。忍びの連絡係なら、これぐらい当然よね。というか・・・・すぐに見つかる隠し方よね。見つけてほしかったのかも知れない、その巴って人。」

「えっ、操ちゃん、どういう意味?」

「あのね、本当に隠すのなら、同じ本にして置かないものなの。それぐらい常識よ。」

と言うと、操は日記の束を床にたたきつけた。

薫は操の剣幕に恐れをなして言った。

「読まないの、操ちゃん?」

操は唇を引き結んで言った。

「読まない。どうせ剣心と暮らしていたことや、蒼紫様にいろいろ何か・・・・その・・・・あったことしか書いていないし。でも、もう生きていない人でしょ。そんな人のこと・・・・・・私が知ったとしても、どうしようもないじゃない。第一、剣心と結婚していたんでしょ。」

「え・・・そりゃそうだけど・・・・・。」

「読んで自分が嫌になるのが嫌なの。蒼紫様のこと、嫌に思う自分が嫌なの。私の蒼紫様に傷がつくのが嫌なの。私のこの思いを誰にも汚されたくないの。薫さん、何がおかしいのよ。」

「ううん・・・操ちゃんらしいと思って。そうね、その日記・・・・普通のことしか書いてなかったけどなあ・・・・・。」

「二重になった部分は見ていない癖に。どうせ、蒼紫様のことが熱々の調子で書いてあるのよ。愛してる、とかさ。もう、蒼紫様ったら、そういう過去のひとつやふたつぐらい、あったとは思っていたけど、私に何も言わないんだから。」

「ふふ・・・・・。」

「それより、ここから 早く逃げ出さないとね。薫さん、こっちに来て。」

操は、牢の入り口に張り付いている。

薫もそのそばに寄った。

御堂茜は二人から取り残されている。

茜は床に落ちた日記の束を拾い上げた。

――巻町さんってすごい。御庭番衆って何だろ?

茜はふと、その薄い和紙の中に、色の桃色になった紙を見つけた。

『あなたさまへ―――

追わないでください

たとえ私が死んでも、何もしないでください

あなたが死んでほしくないのです

あなたが傷ついてほしくないのです

何も傷つけずに、ただあなたを思っていたい

雪代巴』

二重になった和紙にその言葉は、かすれた細い文字で書かれていた。

ふと、茜は自分の普段抱いている、寂しさと同じものをその文字の中に見た。

――巴って人がこれを書いたの・・・・?なんだかさびしい人だったみたい・・・・・。

茜はそう思ったが、操が鋭く自分を呼んだので、あわてて二人のそばに駆け寄った。

操は胸元から苦無を取り出しながら、言った。

「いい?見回りが来た時が勝負だから。」

三人は、じっと闇の廊下を見詰めた。