暁杜

るろうに剣心 蒼紫巴 蒼操 小説ブログです。

谺声 七

蒼紫が彦馬に会ってから数日後のことだ。

蒼紫は今、荒川沿いの問題の私娼窟の近くに張り込んでいた。

無駄でも何でも、やらなければならない任務だ。

と、その時である。

―――抜刀斎が現れるとは。

蒼紫は一瞬わが目を見張った。

剣心がふらふらとした足取りで歩いていき、一軒の家の中に吸い込まれるのを目撃したのだ。

―――面白いものが見られるかもわかりませんよ。

彦馬の言葉はこの事だったのか、と蒼紫は思った。

―――緋村。貴様、まさか・・・・・。

剣心はやがて家から出てきた。

着物が着崩れている。

―――女か。

見た瞬間、蒼紫の中で、何かが壊れた。

やはり神谷薫では飽き足らないのか。

蒼紫はゆっくりと剣の鯉口に手をかけた。

今なら簡単に斬れるかも知れぬ。

だが、蒼紫の中でもう一人の自分が争っていた。

巴は、そんな勝利は喜ばない・・・・・・奴が逆刃刀を返して、真剣で戦った状態で勝利することこそ、その剣に斬られた巴に捧げられるべきものだと。

何故なら巴は―――。

ああ、巴。

―――ほかの植物は使いましたね。麻薬なんて、弱い人間が使うものです。

彦馬の言葉が、蒼紫の胸を今深く刺した。

あれは忍びの里にいた頃だった・・・・・。

「まあ、綺麗な花。」

藤棚に一杯に広がってぶらさがった白い花を、巴は目を見張って眺めている。

「あなたさまが咲かせましたの?私・・・・・あなたさまが花を育てるなんて、思いも寄りませんでした。」

二人はまだ師弟になったばかりであり、巴は清里の仇を討つことを、半ば同意したような形だった。

もちろん二人の間にはまだ何もなかった。

そればかりか、巴は縁のところへ返してほしいと懇願していたのであった。

その日も巴は蒼紫にこう言った。

「そろそろ返してくださいませんか・・・・あの・・・・私にはできないと思います。死ぬのは怖いですし・・・・・。」

「あなたには、その才がある。あるから、こうして、目をかけている。」

「冗談ではありません・・・・・あの・・・いつになったら・・・・・。」

巴は消え入るような声で、おどおどと言い募った。

「こちらへ。」

蒼紫は数寄屋造りの小さな茶室に巴を通した。

先代御頭と蒼紫がよく密談をした場所であったが、今は先代はその場にはいなかった。

蒼紫は巴の前で、点前をたてている。

巴はおとなしくその前に座って、蒼紫の袱紗さばきなどの作法を見ている。

やがて茶せんを返して蒼紫は茶器を巴に差し出した。

何の変哲もない、緑色の液体が泡だてて中に満たされている。

「・・・・・いただきます・・・・・。」

巴は静かに一礼をすると、茶器を回して液体を飲んだ。

白い喉が動くのを、蒼紫は食い入るようにじっと見つめた。

「ですから、私・・・・・清里のことは、もうあきらめてもよいのです・・・・・・長州など、私の手に負えるものではありません・・・・。」

清里を愛していたわけではないのか。」

「私は・・・・私は・・・・清里を・・・・・・。」

言いかけた巴の唇がこまかく震えるのを、蒼紫は美しいと思った。

しかし、その目を蒼紫はすぐにはずした。

触れてはならない、水面に浮かぶ桜の花びら。

風にゆれて、手の届かない水底に今にも沈んでしまう。

巴は触れてはならない花であると思うのは、しかしその頃の蒼紫には耐え難いことであった。

―――だが俺は、巴を汚した。

蒼紫は今はそう思う。

だから、その巴に捧げられるものは、最高の美でなければならない。

抜刀斎が全力で元の姿に戻ったところで、その首を小太刀ではねる。

それは復讐であり、同時に失った過去の記憶の浄化であった。

抜刀斎は神谷道場に向かっている。

薫のところへ帰るつもりだ。

尾行したところで、何が出てくるものでもない―――ただ、薫が出迎えるのを、確認したいとその時蒼紫は思った。

剣心は、夕暮れの神谷道場の門の前で、半ば呆然と立っている。

「あ・・・・ああああ・・・・ああ・・・・・。」

剣心が門を見て、何かうめいている。

そうしてから、剣心はあわてて道場の中へ走り入った。

蒼紫は剣心がいなくなるのを見計らって、陰から躍り出て門の前に立った。

門の前に何か紙が一枚貼ってある。

「人誅――――。」

白い半紙に、墨蹟も鮮やかに、大書されていた。

蒼紫はその時はっとした。

中で剣心が薫を呼ぶ声がした。

弥彦が出てきて、何か剣心に言っているようだ。

弥彦は無事だが、薫はいないらしい―――と考えた時、蒼紫の頭の中である事が組み合わさった。

あわてて踵を返して、蒼紫は操の住む山手に向かった。

「―――操!」

蒼紫は勢いよく引き戸をひきあけた。

家はもぬけの空だった。

戸口に、争った形跡がある。

蒼紫は家の中に入った。

奥の間から血のにおいが流れてくる。

蒼紫は襖を開けた。

使用人の老婆が、畳の上にできた血だまりの上で、こときれて倒れていた。

胸から腹にかけて、一閃した刀傷がある。

その寄りかかった白い襖の上に、老婆の血で血文字が襖いっぱいに大書されていた。

蒼紫の目がほそまった。

その文字は、「人誅」であった。

広告を非表示にする