暁杜

るろうに剣心 蒼紫巴 蒼操 小説ブログです。

谺声 六

剣心は今、河岸をひとりで歩いていた。

―――薫殿は拙者の残した巴の日記を読んだだろうか。

多分、読んだ。

読んだはずだ。

薫の目が、いつもと違って動揺していた。

もう少しだ・・・・・拙者のことをわかってくれる薫にするのは、もう少しだ。

巴と祝言をあげたくだりも、薫はもう目にしたはずだ。

弥彦の前では、いつも通りに明るく振舞う薫だったが、時々いつもと違って呆けたような顔になる。

その顔を、剣心はかわいいと思う。

そういうかわいい娘のところで、残りの人生を送る―――それは、剣心の心にあいた傷を埋めるに、絶好の機会であり、場所であった。

だが。

剣心は河岸で立ち止まった。

追ってくる――――あの男は、何処までも拙者を追ってくる。

何故本当のことを言わない。

あの四乃森蒼紫という男は―――。

剣心の心が、蒼紫のことを思うと、打ち震えた。

頭の中に、蒼紫のあの時の言葉が、割れ鐘のように反響する。

その声を聞くと、頭が割れそうになる―――誰か拙者を助けてくれ。

「最強の華を手にするためならば、俺は何にでも変わってみせる。」

剣心はその蒼紫を既に半死半生の目に、二度もあわせている。

殺してしまえばいいのだ、と思うのだが、技の上でも殺せないばかりか、あの男がおそらくは巴を変えたのだという予感が、剣心の心を打ち砕くのだった。

背中からいつ斬られてもおかしくない殺意を、剣心は常に蒼紫には感じている。

御庭番衆は恐ろしい連中なのだ。

しかし拙者は、人の道を説いて退けたはずだった。

拙者はけして間違っておらぬ―――悪いのはおまえ達のほうだ。

しかし――――。

巴が愛していたのは拙者ではなかった―――巴は拙者を愛してはくれなかった。

それが明白なものとなるのが、剣心は怖い。

拙者は巴を殺しはしなかった。

拙者は殺すつもりはなかったのだ。

あれは巴が悪いのだ。

巴を拙者はあんなに愛してやったのに、巴は・・・・・・・・。

剣心は足をひきずるようにして、暗い路地に入った。

もう酒は何杯か飲んでいる。

これ以上は酔えそうになかった。

「そんなにおいしそうに、お酒を飲むから。」

「おいしい。あなたに会って、お酒の味が変わってきました。」

「私も昔は、お酒にたよってばかりいて―――。」

くすくすと笑うような巴の声が、剣心の耳元でささやく。

「巴・・・・・・・。」

剣心はその木戸にぶちあたるようにして、中に入った。

「お兄さん、いらっしゃい。いつもの部屋かね。」

「ああ・・・・。」

男が剣心の手を取って、二階の階段へと導いた。

薄暗い木の階段は、暗黒へとつながっているようだった。

最初に見かけたのは、町の往来だった。

―――巴!

確かに巴を見た、とその時に思った。

それが何度かひき続き、剣心はその娘の後をついに尾行することにした。

娘は路地の裏に吸い込まれた。

娘は着物まで巴とそっくりだった。

「あの娘が巴のはずがない。帰ろう。」

と思ったその時だった。

後ろから木で殴られ、剣心は失神し、気がついたときは、その娘が体の上にいた。

朦朧とした頭で、剣心は尋ねた。

「君は・・・・・。」

「雪代巴・・・・・・・・。」

娘の発音が、少し変だった。

しかし、体は動かない。

娘が忍び笑いを漏らしながら、剣心に顔を寄せて尋ねた。

「あなた、私のことが好きか?」

なぜか好きだと言いたくなり、剣心は首を縦に振った。

この娘は髪型ばかりか、顔まで巴とそっくりだ。

あとは、その逢瀬を繰り返して続けている。

まるで坂道を転がり落ちていくかのようだった。

「巴・・・・・今日も待っててくれたのかい・・・・・。」

「はい・・・・・剣心さんのこと、私は好き。」

「そうか・・・・・。」

今では、娘の衣装が中国風のチャイナ・ドレスに変わっていても、剣心はかまわず手を伸ばした。

白い絹服の胸の上に、紫の糸で蘭の模様が描かれている。

「綺麗だよ、巴・・・・・。」

その服をゆっくりと脱がしていく。

白い太ももが割れて、娘の陰部が剣心の目に入った。

赤い炎症が点々と斑紋のように浮き上がっている。

娘が耳元で熱くささやいた。

「私にそんなことしたら、あなた死ぬね。」

剣心の手が震えた。

赤い点は、巴を殺したときに雪に散った血痕のようだった。

いやだ―――拙者は―――もう誰も殺さない。殺したくない。殺せない。

剣心は娘との情事に没入した。

何も考えたくなかった。

甘い煙が部屋中に充満していた。

その次の部屋に、中国服姿のたくましい男が一人、黙然と立っていた。

「ねえちゃん・・・・・・。」

男の気迫は、部屋の中に充満し、今にも爆発しそうだった。

「ねえちゃん・・・・ねえちゃん・・・・ねえちゃん・・・・・。」

それは巴の弟の、雪代縁の成長した姿だった。

縁の握り締めた拳の上に、君の悪い神経の脈が浮かび上がってきた。

と、扉が開いて、一人の短く髪を切った背の高い中国服の男が入ってきて、雪代縁の横に立った。

男は言った。

「あれは君のお姉さんではないよ。王大人(ワンターレン)のやり方には感謝したまえ。」

「呉黒星(ウー・ヘイシン)・・・・。」

黒星は含み笑いをして言った。

「堕ちるところまで堕ちたところを、君がしとめるんだ。そうすれば、君の姉さんも喜ぶ。」

縁は壁に拳をぶちあてて言った。

「あんたには俺の気持ちはわかんねぇ・・・・・わかんねぇよ!」

「君はしかし、どちらの男を本当に恨みに思っているのかな?」

「どっちも恨みに思っているさ。」

「ふん・・・・しかし、抜刀斎という男は簡単にひっかかったな。」

「あいつはそういう奴だからよう・・・・・。」

「四乃森という男には、君はこの罠は張らないのは何故かね?」

縁は言った。

「あいつはこんな罠にはひっかからねぇよ・・・・それにあいつはねえちゃんのこと、抜刀斎に取られて恨みに思ってやがるんだ。もう一度煮え湯を飲ませてやるのさ。」

「ふん・・・君の悪知恵もなかなか働くようだ。ところで君は、姉さんとは寝ないのかな?」

縁の顔が、黒星の言葉で憎悪に引きつった。

すさまじい速さで拳が見舞うのを、間一髪で黒星はよけて拳銃を縁の頭につきつけた。

「私の早撃ちを、甘く見ないでくれたまえ。縁。」

「いつかてめぇら、ぶっ殺してやる・・・・・。」

「恩人に向かってそれはないね。君が殺す前に、君が組織に殺されているよ。縁。王大人(ワン・ターレン)も、君のことは大事に思っているから、君の姉さんを"作って"くれたんだよ。」

「あんな・・・・病気を持った・・・・姉さんなんか・・・・・。」

「そうだ。姉さんじゃないね。あれは君の姉さんなんかじゃないんだ。はははははは。はははははは。」

黒星はそう縁をいたぶるように言うと、部屋を後にした。

「ねえさん・・・・ねえさん・・・・・楽しいのかい、男に抱かれて楽しいのかい・・・・。」

縁は煩悶しながら、部屋の中でうめいた。

「でも、俺はやってやる。あいつら全員、女の前でぶっ殺してやるからな。待っててくれ、姉さん。」

縁は完全に座った目でそうつぶやいた。

別室の剣心の情事はまだ続いていた。

広告を非表示にする