暁杜

るろうに剣心 蒼紫巴 蒼操 小説ブログです。

恩寵 八

翔伍は気がつくと、見知らぬ病院のベッドに何時の間にか寝かされていた。

傷が痛むが、何とかベッドから起き上がった。

―――助かったのか。

半ば呆然として白い壁を見つめていると、病室のドアが開いた。

看護婦ともう一人、恰幅のいい紳士が入ってきた。外国人だ。

「ムトウ・ショウゴさんですな?」

紳士は会釈をし、帽子をぬいでそばの椅子に座った。

「私はオランダ領事館のエルステン・ロペスと言います。はじめまして。単刀直入に言いましょう。あなたは日本にいてはいけない。オランダへ渡りなさい。オランダでは、あなたやあなたの信徒たちを友として迎える人が大勢します。でもその前にひとつやっていただきたいことがある。」

エルステンはそこで、背広から黒革の小冊子を取り出した。

「これは新約聖書です。私はプロテスタントを信じています。本当はこんなことを人にすすめるのさえ、私の宗派ではいけないことなのですが、私はあなたにプロテスタントを勧めます。そうでなければあなたが救われないと思うからです。キリスト者はキリストであってはならない。いいですね。」

長い沈黙の後、翔伍は答えた。

「はい。」

エルステンはホッとした様子で言った。

「よかったです。拒否されればどうしようかと思いました。私はあなたにも戦う理由はあったのだと思います。昔カソリックはこの国で弾圧されましたからね。」

エルステンは小冊子とともに一通の手紙を翔伍に渡した。

「これはあなたの亡くなられた妹さんからの手紙です。私があずかってきました。たしかにあなたにお渡しします。」

「亡くなった―――小夜が、死んだというのですか。」

エルステンは顔を曇らせて答えた。

「ピストルで撃たれました。私はその場に居合わせたのに、恥ずかしいことですが救えなかった。私を恨んでくださっても構いません。」

エルステンと看護婦は示し合わせて出て行った。

翔伍は手紙を拡げた。

『お兄さまへ―――お兄さまがこの手紙を読むとき、すでに私はこの世にない者かも知れません。でも死を目の前にして、不思議と私の心は明るいのです。神に召されるからかも知れません。

お兄さまは覚えておいででしょうか?私たちが大陸に渡ったときことを。幾度もくじけそうになる私を、お兄さまはいつもその広い心で支えていてくださいました。私はあの日々を糧にして、今日まで生きてきました。お兄さま、どうか思い出してください。人々は信じています。互いを労わりあい、額に汗して働き、神の心を持つことを。私が信じるように、お兄さまも信じる。それはすなわち、お兄さまが神となられることなのです。私はその日が来るまで、神の御許にても祈り続けています。』

―――小夜。

翔伍は思わず瞑目した。

大陸に渡ったとき、西海岸でたどりついた小さな教会は、プロテスタントの教会であった。

その日々を今思うのは、捕縛となった今、耐え難いものであった。

翔伍は内心の憤りを抑え、神に祈った。

―――小夜。しかし私はずっとおまえにそばにいてほしかった・・・・・・!

この時が来るのは覚悟していたのだ。

だが―――。

その時、彼方からサラサラと衣擦れの音がして、高貴なる少女の幻影が、かがみこんで祈りを捧げているのを、翔伍は感じた。

私は、永遠にお兄さまとともにいます―――。

「小夜・・・・・・!」

翔伍の心は悲しい喜びに満たされた。

彼は、それほどまでに妹を愛していたのである。

その同じ頃。

東京の警視庁本部の廊下を、川路良利が急ぎ歩いていた。

西南戦争からこの方、このころ各地での蜂起事件が増えて、めっきり心労が増えた。

少し顔色も悪い。

川路は課の扉を開けた。

斎藤に総監室に来るように伝えると、軽くせきばらいをして立ち去った。

―――来年こそは、君にまた外遊してもらう事になるかも知れん。

山縣がふともらした言葉が、気にかかった。

が、先の事などわかるものではなかった。

斎藤は昼すぎに外まわりの仕事から帰ってきた。

すぐに総監室に出向くと、川路が窓際で後ろ手に組んで立っていた。

「島原の件が解決した。」

斎藤は答えた。

「は、存じております。海軍の鋼鉄艦で鎮圧したとか。現在五隻あるうちの二隻ですか?」

「うむ。長崎海兵所から派遣された艦だという事だ。」

斎藤はその時、テーブルの上に自分に向けておかれた一通の書類に気づいた。

川路は言った。

「それは司法省から君宛に来た勧告文だ。受け取りたまえ。」

斎藤は中身を改め、目を見張った。

「―――右ノ者 書類不備ニツキ逮捕訴状ヲ棄却スル。―――バカな!」

斎藤は川路に向かって叫んだ。

「志々雄真実の事件は、現在服役中の囚人も大勢おり、被疑者は間違いなく事件の関係者であり、首謀者たちの国家転覆に関与していたのであります。それは本官も自ら出向き、承知の上で―――。」

「それならば速やかにその場で逮捕するべきだったな。しかし書類不備ならいずれにせよ、不起訴処分だ。君の京都での報告文は、むろん真実だと私も思う。だがこの男の訴状は棄却された。」

斎藤はいつになく、冷ややかな川路の物言いに、その時やっと気づいた。

突然、目の前に鉄壁が立ちふさがったかのようであった。

明らかに、島原の件を陸軍にまかせると言っていたときの川路ではない。

そして、この川路良利も薩閥の一人だという事に、斎藤はようやく思い当たった。

斎藤はそれでも、一歩踏み込んだ気持ちで言った。

「何故です?不起訴の理由をお聞かせください。」

川路はにべもなく答えた。

「それは君自身が考えたまえ。」

広告を非表示にする