暁杜

るろうに剣心 蒼紫巴 蒼操 小説ブログです。

恩寵 六

翔伍の胸のメダリオが、キン、と高い音を立ててはずれた。

「小夜の身になにか・・・・?」

拾いあげて、翔伍は不吉な予感を払いのけた。

ふっ、と京都で斬りあいをした時の、蒼紫のことも思い出された。

「まさか――な。」

予感を打ち消すように、翔伍は采配をふるった。

「村人たちを歩累の前へ出せ。」

村人たちは、旧式の銃を持たされている。

殉教するのだ、と翔伍に言いくるめられた彼らは、泣きながら軍の砲撃に向かっていく。

最新式の銃で武装しているのは、天主堂にたてこもる、翔伍を守っているならず者たちばかりだった。

何という冷酷さであろう、天草翔伍は信徒らが殉教死するように仕向けていたのである。

―――その方が、日本政府がキリスト教を信ずる諸外国に対して、顔向けができまいからな。好都合だ。

小夜がこうした兄の冷酷さを知らずして死んだのは、ある意味では幸いであったかも知れない。

「神のみもとに行くだーーーー!」

村人と子供たちが、蒼紫が旧式で使い物にならない、と言った銃で軍の砲撃にむかって走って行く。

「えーん、えーん、翔伍様、翔伍様・・・・・。」

泣く村娘の前にその時、翔伍様とみまごう人影が現れた。

「あっ、翔伍様・・・・。」

それは、馬で駆けつけた蒼紫だった。

土煙の中で、蒼紫は抱えあげられるだけの子供を抱えると、砲撃から逃れた。

「翔伍様、翔伍様・・・・・。」

蒼紫は子供たちに翔伍と間違えられていた。

その時、樹の上で人影が動いた。

「猩々か。」

「ここに。」

「俺がいいと言ったら、仕掛けろ。」

かつての御庭番衆の受け答えの呼吸で、猩々がすばやく退いていく。

辰政は木陰に隠れて、蒼紫たちの様子を見ている。

「ちっ、あのヤロウ・・・・・。寝返りやがったか。」

蒼紫の姿は一瞬かき消えたが、次の瞬間、軍の最前線の前に現れていた。

司令官が大声で叫んだ。

「なんだーっ、貴様はーっ。」

「砲撃を中止しろ。」

「貴様はぁっ、軍の命令をーっ、阻止するのかーっ。」

「もう一度しか言わん。砲撃を中止しろ。」

蒼紫は繰り返した。

司令官は蒼紫を無視して、命令した。

「ええい、撃て撃て。」

その瞬間、軍の陣地全体が音をたてて陥没した。

猩々の土遁の術である。

蒼紫は御庭番衆の用いる、簡単な策を弄したのだった。

「きさまーーっ。」

司令官たちは、土煙の中でうめいた。

すでに蒼紫は樹上の人である。

身軽に天主堂にむかって、飛んでいた。

それを猩々のすげ傘が追う。

「御頭!」

「貴様の用向きはここまでだ。」

はっ、と猩々が見回したとき、蒼紫の気配はなく、声のみが木々の間に伝わってきた。

猩々はあることを悟り、その瞳に涙があふれた。

「御頭!俺は――俺は。」

あなたのことが、と言いかけた時、蒼紫の声はさえぎった。

「御庭番衆は解体した。俺がしたのだ。さらばだ、猩々。」

二度とは、会えない―――猩々は面をはずして一礼をすると、その場を風のように立ち去った。

蒼紫は風のように天主堂に向かって走った。

―――海の方が心配だ。俺の予感では。

天主堂の前を守るならず者らに小太刀を一閃させると、蒼紫は堂の窓を蹴破った。

「天草翔伍!」

だが、堂内はもぬけの空だ。

天主堂は海に面して立てられている。

その窓から、蒼紫はある物を見て息を呑んだ。

―――長崎海軍の鋼鉄艦!

軍艦の砲門は残らず、天主堂を狙っていた。

―――そういうことか。

その時。

蒼紫の背後でなつかしい声がした。

「ホーホホホホ、やっとここまでたどりついたね。」

死んだはずの朧であった。

蒼紫は驚かず無表情だ。

「やはり変わり身―――。」

「おまえが斬ったのは、血袋さ。あいにくだったね。」

だが、朧はかすかに右脚をひきずっていた。

蒼紫は小太刀を呉鉤十字に構えて言った。

「捨て身の変わり身だったようだな。」

「問答無用!」

朧は一声叫ぶと、槍をふりかざした。

二人の激しい斬り合いが展開された。

その時、沖の鋼鉄艦から砲撃が開始された。

砲撃はものすごく、天主堂の中をぶちやぶった。

「あれも貴様のシナリオ通りか。」

蒼紫の問いに、土煙の中で朧はくやしげに顔をゆがめた。

「翔伍が・・・・翔伍が・・・・私たちを裏切るとは・・・・・・!」

「飼い犬に手をかまれたな。」

朧はその言葉に、一瞬ひるんだ。

その瞬間、蒼紫の姿は目の前になかった。

―――またあの流水の動きとやらかっ。

朧は目の前の空間に激しく槍を突き出した。

恐らく、そこに、蒼紫はいるはずなのだ。

だが―――。

手ごたえがなかった。

―――何処に隠れる空間が―――?!

「―――上っ。」

朧はあわてて振り仰いだ。

蒼紫の身体が梁の近くにまで旋廻していた。

朧の瞳が大きく見開かれた。

蒼紫の両小太刀が今度こそ、蒼紫の全体重をかけて朧の両肩に直撃していた。

「あああああッ。」

朧の両腕が胴体から切り離されて、天主堂の床に血をふりまきころがった。

「傀王さまーっ、傀王さまーーーっ!!!」

朧は両腕をなくして、声の限りに絶叫した。

その声に、傀王は答えたのだろうか・・・・。

死んだはずなのに―――。

沖の海軍の鋼鉄艦にその時、発砲しながらつき進んでくる一艘の大型船があった。

傀王の海賊船だ。

指揮をしているのは、まぎれもなく傀王であった。

「朧よ・・・・わしがこときれる前に、このわしの姿をとっくと見よ・・・・・!」

本島から遥かに離れた、野母崎の彼方から、その船は進んできていた。

海軍の軍艦に乗る、乗鞍彦馬はその瞬間、恐怖した。

「アウッ。」

彦馬の肩に砲撃の破片が当たった。

「舵を切れーっ、舵をーっ。」

彦馬は宗舵手に叫んだが、遅かった。

船の回頭までには、時間がかかるのだ。

海賊船は、鋼鉄艦にのりあげた形でぶつかった。

傀王の執念であった。

「この距離から、アームストロング砲を撃てば・・・・!」

狂気の表情で傀王が言った時、巨大な火花があがった。

蒼紫は言った。

「やはり、砲身がはじけ飛んだか。」

今の衝撃で、傀王の乗る船のアームストロング砲が自壊したのである。

朧は、放心の態でそれを見ている。

ぼろぼろになった朧でも、金髪がかかるその横顔は美しかった。

「もはや、思い残すことはない・・・・斬れ・・・・・。」

朧がかわいた唇でそうつぶやいた。

蒼紫は無言で見下ろし立っている。

「・・・・・おまえは一体どっちの味方だ!早く斬れ!」

その時、朧の喉を、大剣が音もなく貫いた。

「天草翔伍――――。」

蒼紫は目を見張った。

翔伍が武装したさむらい集団を引きつれて、堂内に入ってきた。

朧は無論、即死であった。

翔伍は大剣をすらりと喉から引き抜いて言った。

「やれやれ。よくもまあ、これだけしゃべる。女がどなるのは、見苦しい。そう思わんか。」

翔伍が言うと同時に、銃の重包囲が蒼紫を取り囲んだ。

広告を非表示にする