暁杜

るろうに剣心 蒼紫巴 蒼操 小説ブログです。

恩寵 五

エルステンは本島に上陸してから、すぐに馬を二人の男にとめられた。

「止まれ、止まれーっ。」

銃を持った、クリスとミスター山東だ。

エルステンは二人に言った。

「私はオランダ領事館のエルステン・ロペスだ。天草翔伍に会いたいのだ。通してくれ。」

クリスと山東はエルステンの言葉に、顔を見合わせ、ほくそ笑んだ。

「翔伍様のところへは、自分たちが案内してさしあげますよ。」

「それはありがたい。」

クリスらは連れている馬に乗ると、山道を入って行った。

「早くしないと、砲撃が始まってしまう。それまでに、天草翔伍を説得できなければ。」

エルステンは馬を急がせた。

その山道の付近を、小夜をつれた蒼紫ら一行は反対側から登りつつあった。

やはり、蒼紫は小夜を背負っていた。

聖霊の丘は、この山の向こうです。」

小夜が言うのに、三人は山を登っているのだった。

と、その時、銃声が聞こえた。

蒼紫は急いで山を駆け上った。

「あれは―――!」

蒼紫の知っている、エルステン・ロペスが二人のならず者に銃をつきつけられ、脅されているではないか。

エルステンは崖のふちに追い詰められている。

「あの人は誰?」

「オランダ領事館の外交官だ。助けるぞ。」

言うなり、蒼紫は小夜を下ろして駆け出した。

小夜もあわてて、後を追った。

辰政も後を追いかけたが、もはや捨て鉢な感じである。

「ちっ、まためんどうなことに・・・・。」

小夜は大声で叫んでいる。

「クリス、山東、その人を殺してはなりません。」

エルステンは風のように突然現れた、自分を守る人影に驚いた。

「君は。」

「あなたに手紙を書いたものです。」

「では、君が四乃森蒼紫君か―――!」

蒼紫はクリスと山東に、抜刀の構えを見せていた。

クリスが言った。

「なんだてめぇは?めんどうなことになりそうだから、こいつを始末しようってのに。」

銃を発射しようというその時、蒼紫の手から、小太刀をしまっている刀の鞘が飛んだ。

鞘はクリスの手から銃を跳ね飛ばした。

蒼紫はクリスに向かって小太刀を一閃させた。

クリスは斬られて、大声でわめいた。

「てめえっ!」

その瞬間であった、山東の銃がエルステンに向けて発射されたのは。

「あぶないーーーーっ!」

小夜が悲鳴をあげて、エルステンの前に飛び出した。

バーン。

蒼紫もエルステンも、愕然としていた。

小夜がエルステンをかばったのだ。

エルステンは小夜につきとばされた。

小夜はそのまま、前かがみになって倒れた。

エルステンは小夜に駆け寄った。

「きみ、きみ、しっかりしなさい。」

あわててエルステンが言うが、小夜の左肩に弾丸は命中していた。

蒼紫はダッ、とクリスと山東に向かうと、小太刀をひらめかせた。

「うおっ。」

山東もやはり斬られたが、もはや遅かった。

一瞬の隙を狙われたのだ。

エルステンは小夜を抱えて、応急処置をほどこしていた。

「ここは十分な設備もない。早く長崎へ運んでいかないと―――。」

小夜は小さくかぶりをふった。

「いいえ・・・・・あなたは兄の身を助けに来られたのでしょう・・・・・兄を・・・・村人たちを救ってください・・・・私の命など・・・・・。」

「あなたは・・・それでは天草翔伍の妹殿ですか。」

エルステンは胸がいっぱいになって、その目に涙が浮かび、言葉が出てこなかった。

「そうです・・・・・お願い・・・・兄を・・・・兄を・・・・・この手紙を・・・・・兄に・・・・・・・。」

かよわく震える指先が、虚空をつかんだ時、小夜の命は天に召された。

まぼろしの純白の小鳥が一羽、天に向かって羽ばたいていった。

蒼紫は血のりのついた小太刀を握り締め、呆然と立っていた。

こんなにもあっけなく―――守ろうとした命が別の形で死を迎えようとは、彼は思ってもみなかった。

「手紙とは―――?」

エルステンが問うのに、蒼紫はかがみこんで、無言で小夜のポケットから手紙を取り出した。

その時、蒼紫らの背後で砲声がした。

西南戦争の再来か。」

エルステンが言うのに、蒼紫は馬を引いた。

その形相は、先ほどよりもさらに殺気だっていた。

蒼紫は言った。

「馬をお借りする。あなたは軍の司令部に行って、砲撃を中止するよう、言ってください。」

「待て。そんなことは軍は聞き入れないぞ。私は、先ほど説得を試みたのだ。取り合ってくれなかった。君一人で何処に行くのか。」

エルステンが叫んだとき、すでに蒼紫は馬上の人であった。

辰政があわてて、蒼紫の後を馬で追った。

エルステンは小夜の遺骸とその場に取り残された。

「なんと、哀れなる女人であることか。」

エルステンは帽子を取り、小夜の亡き骸に向かって十字を切り合掌した。

広告を非表示にする