暁杜

るろうに剣心 蒼紫巴 蒼操 小説ブログです。

島原 下 四

「あの人、死んだの」

洞窟の中からやっと出たとき、小夜はたずねた。

蒼紫は答えた。

「多分。」

モリガン朧のことを指して言っているのだった。

そばには逃れた、辰政がいた。

「傀王の部下はあれで全部なのかい。」

辰政のたずねるのに、小夜は首をふった。

「わかりません・・・・六人か・・・・もっとたくさんいたのかも知れない。」

足を引きずるようにして、三人は歩いた。

疲れが泥のように襲ってきた。

少し歩くと、小夜がたまらずに岩陰に倒れこんだ。

さかんに、小さく咳き込んでいる。

蒼紫は見てわかった。

――労咳

この時代、まだまだ不治の病であった。

蒼紫は岩陰に身をひそめた。

「少し休もう。」

辰政も相当疲れていたのだろう、それにならった。

――海岸線の向こうは、天草の島だ。そこへと、傀王や翔伍は船で渡ったのか。

蒼紫は考えた。

――夜明けまでは動くまい。砲撃はまだ、軍が到着していない。明日の昼が勝負だろう。

蒼紫は目を閉じた。

――操はどうしているのか。

蒼紫は遠く京都に残してきた、操を想った。

まだ盲目のままなのだろうか。

自分にあの操にしてやれることは、一体何なのだろうか。

蒼紫の脳裏に虚像の操の幻影がかすめて、消えていった。

記憶の断片に残るそれは、蒼紫にとっては辛いものだった。

両親を失い、戦場におびえきった一人の幼い少女が、その表情を凍りつかせていた。

――あの頃、操は笑わなかった。

蛍の淡い光が、彼らの頭上をかすめ飛んでいった。

庄三はまだ、洞窟の中にいた。

彼の行く手に、ガスパル源右衛門がいるのだった。

「くそっ、源右衛門、俺の邪魔をするな。」

源右衛門は、朧の仕掛けた爆薬による傷を負っていたが、まだ斧を引きずるようにして、庄三目掛けて何度も振り下ろした。

「翔伍さまの命令だよ・・・・翔伍さまは、世の中のために、これから立派なことをするだよ・・・・マグダリヤ様は、なんでおらにやめるように言うだよ・・・・よそ者の言うことを聞くだよ・・・・。」

庄三は後ずさりながら、叫んだ。

「翔伍様は、傀王と同じだ!俺たちを見捨てる気だ。本当だっ。」

「庄三様も、よそ者にたぶらかされただよ・・・。」

源右衛門の斧が、庄三の頭上にかかげられた時、ついに庄三はピストルを発射した。

「あ・・・・あ・・・・あ・・・・・・。」

源右衛門が呻いた。

「源右衛門!」

庄三は愕然として、ピストルを構えたままだ。

弾は源右衛門の肩を貫通していた。

そのまま巨体が倒れこむのに、庄三は駆け寄った。

「源右衛門・・・・すまない・・・・・!」

源右衛門はかすかに微笑んだ。

「庄三様・・・・マグダリヤ様を守ってくだせえ・・・・おらみたいな下働きには、それしか言えねぇだ・・・・おらはこのままここにいるだよ・・・・。」

「源右衛門、馬鹿なことを言うな。村人のところへ行って、俺もおまえもみんなを守るんだよ。」

「庄三様・・・・・。」

「待ってろ。今、みんなのところへ行くからな。」

庄三は言うと、痛む体を必死で、洞窟の外に這い出た。

そこは、蒼紫らの出た出口とは違う場所で、切り立った崖の上だった。

庄三はそこから、崖の下の朝の海を見て息を呑んだ。

――傀王!

傀王を乗せた小船が、しらじらと明るい沖に停泊している一艘の大型船に向かって、漕いでいっているではないか。

庄三はピストルを構えた。

ここからでは、届く距離ではない。

もとよりそれは、承知の上だった。

そして弾丸は一発しか残っていなかった。

――俺の銃の腕が、見限られたもんか、見ていてくれ。

庄三はゆっくりと引き金を引いた。

バーン。

ゆらり、と傀王の体が船の中で前に倒れるのが見えた。

――やったか・・・・・・。

安堵した庄三はその時、ふらりと前に倒れた。

下敷きになったときの傷で、ついに彼は気を失ったのである。