暁杜

るろうに剣心 蒼紫巴 蒼操 小説ブログです。

蒼紫月影抄

◆あとがき◆

うー、書き散らした作品なんで、これは恐縮なんですが、一言だけ・・・。 蒼紫と巴の交渉の順番なんですが。 ?催眠術の「影うつし」で講にいる巴を、蒼紫がおびきよせる。←「早春賦」 ?「返してください」という巴に、茶室で麻薬入りの抹茶を入れて無意識下…

最終章・九ノ一

最終章・九ノ一 巴は今、旅の途上にあった。 江戸から京へ―――かつて清里も通った道のりを、今はこうして身をやつした御庭番衆とともに杖をついて歩いている。 護衛をするのは、西の闇の武の連中であった。 ――私は・・・・できなかった・・・・。 巴はともす…

夕凪

5 夕凪 おだやかな、風の凪ぐ夕暮れ。 山肌に広がるすすきの原に、巴は一人立っていた。 彼が来るのを待っている――― 一人、いつまでも待つつもりで――――。 「ずっとそうしていたのか。」 背後から声がかかると、巴は笑顔で振り向いた。 「ええ。こうして下界…

死ガ二人ヲ別ツマデ

4.死ガ二人ヲ別ツマデ 「それで姉さんは死んだのだな?」 「そーだよ・・・・・。」 「抜刀斎は巴の死体をどうした?」 「あいつは大切に荼毘に伏したよ・・・・住んでいた家ごと燃やしたんだ・・・。」 催眠状態の縁が、陶然とした口調で話している。 蒼紫は…

早春賦

3 早春賦 まだ巴がこの忍びの里に来た頃のことだ。 巴は清里の復讐を胸に最初、来たのではなかった。 そんなだいそれたことなど、はじめからできようはずもない。 巴は江戸で清里の消息を尋ねまわっているうちに、そういう者らの集会に参加したのだった。 …

秋鈴

2.秋鈴 高い雲の下の峰の先に、巴は長い槍を持って今立っている。 ――来るわ・・・・。 印を結んでから、槍に手をかけ、虚空をキッ、と巴はにらみすえた。 蒼紫の手裏剣は何処から飛んでくるかわからない。 と、その時空間を引き裂いて、手裏剣が雨のように乱…

春の宵

1 春の宵 「蒼紫・・・・・。」 そっと、夜影に白い指先を伸ばした。その触れたあたり。 巴の手は、今、蒼紫のたくましい腕の中に包まれている。 陽に焼けた蒼紫の腕と、ほの白い巴の手の対比が、黒白のようにくっきりと闇の中で際立っていた。 春の宵は、…